更生医療の給付(自立支援医療)

日常・社会・職業能力を回復・向上することを目的とした手術、リハビリテーション医療などに対して、医療費の一部を助成する制度です(事前申請となっています)。

対象者

18歳以上の身体障害者手帳が交付されている人で、当該医療を必要とする箇所について、障がいが手帳に記載されているもの

内容

障がいの区分

医療内容

視覚障がい

角膜手術、白内障手術、網膜剥離手術など

聴覚障がい

外耳形成手術、人工内耳埋込術など

音声、言語障がい

口唇形成術、口蓋形成術など

肢体不自由

人工関節置換術など

腎臓機能障がい

人工透析、腎移植術、抗免疫療法など

心臓機能障がい

心臓移植術、弁形成術、心内修復術、抗免疫療法など

小腸機能障がい

中心静脈カテーテル留置に関連した合併症に対する医療

肝臓機能障がい

肝臓移植術、移植術後の抗免疫療法など

免疫機能障がい

抗HIV療法、免疫調節療法など

 

自己負担額

1割負担となります。

(注1)非課税世帯の場合は、月額負担の上限があります。また、課税世帯で治療内容が『重度かつ継続』に該当する場合も月額負担の上限があります。

生活保護

高額治療継続者(重度かつ継続)

0円

上記以外の治療

0円

低所得1(市町村民税非課税世帯で年収80万円以下の人)

高額治療継続者(重度かつ継続)

2,500円

上記以外の治療

2,500円

低所得2(市町村民税非課税世帯で低所得1以外の人)

高額治療継続者(重度かつ継続)

5,000円

上記以外の治療

5,000円

中間1(市町村民税所得割が33,000円未満の人)

高額治療継続者(重度かつ継続)

5,000円

上記以外の治療

1割負担

中間2(市町村民税所得割が33,000円以上235,000円未満の人)

高額治療継続者(重度かつ継続)

10,000円

上記以外の治療

1割負担

一定以上(市町村民税所得割が235,000円以上の人)

高額治療継続者(重度かつ継続)

20,000円

上記以外の治療

3割負担

(注2)自立支援医療で所得認定する「世帯」とは、自立支援医療の受診者が加入している医療保険上の扶養者・被扶養者、世帯主・家族などを単位とします。

申請に必要な書類

(1)申請書(65KB)(用紙は福祉課障がい福祉係と木野支所にあります)
変更届(57KB)(住所や医療保険などの内容を変更する場合)
再交付申請書(44KB)(破損・紛失したとき)

(2)更生医療意見書
肢体不自由・その他(147KB)
腎臓機能障がい(117KB)
心臓機能障がい(132KB)
小腸機能障がい(174KB)
肝臓機能障がい(16KB)
免疫機能障がい(100KB)

(3)健康保険証

(4)身体障害者手帳

(5)印鑑

(6)公的非課税年金(障害年金・遺族年金など)を受給している場合は、年金額の確認できるもの(振込通知書など)を持参してください。

申請先

役場福祉課障がい福祉係または木野支所

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部福祉課障がい福祉係
電話:0155-42-2111(内線:526)
ファクス:0155-42-5160