平成25年4月から難病などにかかっている人が障害福祉サービスなどの対象になります

平成25年4月に施行される障害者総合支援法では、障害者の範囲に難病などの人が加わります。

難病などの対象疾患にかかっている人は、身体障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた障害福祉サービスなどの受給が可能となります。

(注)障害児・者については、障害福祉サービス、相談支援、補装具および地域生活支援事業。
障害児については、障害児通所支援および障害児入所支援。

対象者

対象疾患(制度改正パンフレット(116KB)参照)にかかっている人。

手続き

対象疾患にかかっていることがわかる証明書(診断書または特定疾患医療受給者証など)を持って、お住まいの市区町村の担当窓口に支給を申請してください。
その後、障害程度区分の認定や支給認定などの手続きを経て、必要と認められたサービスを利用できることになります。

詳しい手続き方法などについては、下記までお問い合せください。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部福祉課障がい福祉係
電話:0155-42-2111(内線:526)
ファクス:0155-42-5160