年金生活者等支援臨時福祉給付金(高齢者向け)

      賃金引き上げの恩恵が及びにくい低年金受給者などの高齢者を支援し、平成28年前半の個人消費の下支えにも資するよう、所得の少ない高齢者などを対象に年金生活者等支援臨時福祉給付金を支給します。

     申請書の配布方法や受取方法について決定しましたので、お知らせします。

     広報おとふけ4月号 給付金に関する折り込みチラシ(PDF:859KB)

    申請の受付期間は、平成28年5月9日(月曜日)から平成28年8月9日(火曜日)まで(当日消印有効)です。受付期限までに申請が行われなかった場合は、原則、給付金を支給できなくなりますのでご注意ください。

    臨時窓口の開設

    申請受付のための臨時窓口を次のとおり開設します。臨時窓口による申請は受け付けに時間がかかる場合があります。                                         特に支障がなければ郵送で申請してください。

    ・臨時窓口開設期間                                                                                          平成28年5月9日(月曜日)から平成28年5月17日(火曜日)まで(土曜日、日曜日、祝日は除く)      

    ・受付時間                                                                                                  午前9時から午後5時まで(ただし、火曜日は午前9時から午後7時まで)

    ・受付会場                                                                                                     音更町役場(元町2番地) 1階ロビー                                                                                              木野支所(木野大通西6丁目1番地) 1階臨時事務室

    申請書の配布方法

     平成27年度町道民税納税通知書の送付対象者以外の人で、年金生活者等支援臨時福祉給付金(高齢者向け)の支給要件に該当する可能性のある世帯や個人に対して、平成27年度町民税(均等割)が課税されていない確認のお知らせ文書と一緒に、給付金の申請書、申請の留意事項、返信用封筒を4月下旬に発送します。

     なお、申請書類が5月下旬以降になっても届いていない場合は、「支給要件」を確認してください。                                                            不明な点がありましたら町へお問い合わせください。

    支給要件

    ・支給対象者                                                                                              平成27年1月1日時点で音更町に住民票がある人で、平成27年度の臨時福祉給付金の支給対象者のうち、平成28年度中に65歳以上となる人(注1) 

     (注1)                                                                                                             · 平成27年度の臨時福祉給付金の支給対象者                                                                                                          平成27年度分の町民税(均等割)が課税されていない人。ただし次の場合は対象外です。                                                                    生活保護を受けている場合                                                                                                        ご自身を扶養している人が課税されている場合                                                                                         · 平成28年度中に65歳以上になる人                                                                                               平成29年3月31日までに65歳以上になる人(昭和27年4月1日以前に生まれた人)です。                

    支給対象者診断チャート(PDF:374KB)

    ・給付金額                                                                                                   支給対象者1人につき3万円を支給します。

    申請方法

    申請書発送に同封する「申請の留意事項」をご覧いただき、支給要件に該当する場合は、申請書に必要事項を記載押印して、返信用封筒で返送するか、臨時窓口に提出してください。なお、申請書の裏面には、次の書類を貼り付けてください。

     1 申請者および支給対象者全員分の本人確認書類(運転免許証などの身分証明書の写し)

     2 受取先口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)が分かる通帳かキャッシュカードの写し

     ※平成27年度の臨時福祉給付金を受け取った人で、受取先を同じ口座にした場合は、通帳、キャッシュカードの写しは省略できます。ただし、今回の給付金の受取先口座は、支給対象者となる可能性のある人の口座名義となりますので、平成27年度の臨時福祉給付金を受け取っている人であっても、今回の給付金の支給対象となる可能性のある人以外の口座で受け取っている場合は、通帳かキャッシュカードの写しが必要です。

    給付方法

    口座振込が原則となります(海外で開設した口座を受取先口座にすることはできません) 。                                                                  金融機関の口座を持っていないなど、口座振込ができない人に限り窓口給付を行います。窓口給付は、口座振込による給付よりも遅れて給付開始することになります。給付の決定後、給付金額や給付日などをはがきでお知らせします。

    なお、給付の開始時期は6月からです。

    配偶者からの暴力を理由に避難している人について

    ・事前申出                                                                                                          配偶者からの暴力を理由に避難している人およびその同伴者で、事情により平成27年1月1日時点で避難先へ住民票を移すことができていない場合、実際に住んでいる市町村に事前に申し出ることにより次のような措置を受けることができます。

    1 住民票がある市町村ではなく、現在、実際に住んでいる市町村に給付金の申請を行うことができます。

    2 手続きの完了後は、配偶者などから申し出を行った人の給付金の代理申請はできなくなり、申し出を行った人が実際に住んでいる市町村に給付金の給付申請を行うことができます。

    ※申し出の手続き完了前に住民票のある市町村ですでに配偶者などが給付金の給付申請を代理申請している場合は、上記の措置を受けることができない場合があります。

    ・申出場所                                                                                                    実際に住んでいる市町村の給付金担当窓口                                                                                           申し出手続き完了後に、給付金の給付申請手続きを行う必要があります。

     

    給付金をよそおった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

      国や道、町職員などが「給付金」を支給するために、銀行やコンビニエンスストアなどの現金自動支払機(ATM)の操作をお願いすることは絶対にありません。

      また、手数料などの振り込みを求めることや世帯構成などの個人情報を照会することも絶対にありません。

      そのようなことがあった場合は、迷わずに最寄りの警察署または警察相談専用電話(♯9110)にお問い合わせください。

    関連情報

    厚生労働省ホームページ

    「2つの給付金」特設ホームページ (厚生労働省のホームページにリンクします)                     

    「臨時福祉給付金」        (厚生労働省のホームページにリンクします)    

    バナー                                   

    問い合わせ先

    保健福祉部福祉課福祉係 電話 0155-42-2111(内線523.524) 

    制度に関すること

    厚生労働省 給付金に関する専用ダイヤル 0570(037)192 受付時間:午前9時から午後6時まで

     

     

     

ページの先頭に戻る