障害者手帳の申請方法について

身体障害者手帳

視覚、聴覚や平衡機能、言語機能またはそしゃく機能、肢体不自由、心臓、じん臓、呼吸器、小腸、排便排尿、免疫や肝臓機能などに永続する障がいのある人に、その程度により1級から6級までの手帳が交付されます。

申請に必要な書類

(1)身体障害者手帳交付申請書(36KB)(用紙は福祉課障がい福祉係と木野支所にもあります)

(2)身体障害者診断書・意見書(障がいの種類ごとに様式が異なります)
身体障害者診断書・意見書ダウンロード(北海道のホームページにリンクします)≪診断書・意見書一括ダウンロード≫から、一括してダウンロードできます。

 (注)診断書の様式は、祉課障がい福祉係と木野支所にもあります。

(3)写真(縦4cm×横3cm)1枚

(4)印鑑

(5)マイナンバーがわかるもの

申請先

役場福祉課障がい福祉係(内線526)または木野支所

療育手帳

知的障がいのある人に、その程度が重度の場合はA、中・軽度の場合にはBの手帳が交付されます。

申請に必要な書類

(1)療育手帳交付申請書(145KB)(用紙は福祉課障がい福祉係と木野支所にあります)

(2)写真(縦4cm×横3cm)1枚

(3)印鑑

(注)18歳未満は児童相談所の判定、18歳以上は北海道立心身障害者総合相談所の判定を事前に受けることが必要です。

申請先

役場福祉課障がい福祉係(内線526)または木野支所

精神障害者保健福祉手帳

精神疾患を有する人のうち、精神障がいのため長期にわたり日常生活や社会生活への制約がある人に、その障がいの程度に応じて1級から3級までの手帳が交付されます。

申請に必要な書類

(1)精神障害者保健福祉手帳申請書(323KB)(用紙は福祉課障がい福祉係と木野支所にあります)
(注)両面で印刷してください。

(2)診断書(364KB)(障害年金を受給している場合は年金証書・年金裁定通知書と直近の年金振込通知書の写しで代用できます)

(3)写真(縦4cm×横3cm)1枚

(4)印鑑

(5)マイナンバーがわかるもの

申請先

役場福祉課障がい福祉係(内線525)または木野支所

介護保険制度との関係について

介護保険サービスを利用できる人は、65歳以上で介護が必要であると認定を受けた人、40歳以上65歳未満で特定疾病が原因となって介護が必要であると認定された人です。

各障害者手帳が交付されている人も、これに該当する場合は、介護保険のサービスを利用していただくことになります。ただし、介護保険のメニューにないサービスについては、引き続き各障がい福祉サービスを利用することができます。詳しくは、お問い合わせください。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部福祉課障がい福祉係
電話:0155-42-2111(内線:526)
ファクス:0155-42-5160