心身障害者扶養共済制度

 心身障がい者(児)の保護者が死亡したときや重度の障がい者になったときに、残された心身障がい者(児)が終身一定額の年金を受け取ることができる制度です。

障がい者の範囲

(1)身体障害者手帳を交付された人で、1から3級の人

(2)療育手帳を交付された人で、AまたはB判定の人

(3)上記と同程度の障がい(精神疾患、難治性特定疾患などで所定の診断書が必要になります)

加入できる保護者

(1)北海道内に住所がある人(札幌市を除く)

(2)4月1日現在、65歳未満の人

(3)特別の疾病、障がいがなく、生命保険に加入できる程度の健康状態の人

掛金月額

加入時の年齢により異なります。生活保護世帯、市町村民税非課税世帯の場合は、掛金の減免制度があります。

年金の支給

加入者が死亡したときや重度障がい者となったときは、その月から月額2万円(一口)が、障がい者の生涯にわたって支給されます。

持参するもの

(1)加入申込書(役場福祉課障がい福祉係にあります)

(2)申込者告知書(役場福祉課障がい福祉係にあります)

(3)障害証明書(役場福祉課障がい福祉係にあります)

(4)年金管理者指定届(役場福祉課障がい福祉係にあります)

(5)住民票(世帯全員分)

(6)身体障害者手帳か療育手帳

問合先

十勝総合振興局保健環境部保健福祉室、電話0155-26-9251

役場福祉課障がい福祉係内線527