医療機関・通所施設などへの交通費助成

心身障がい者等通院等交通費の助成

医療機関や通所施設などへ通うためにかかる交通費の一部を、町で助成する制度です。

対象者

音更町内に居住し、在宅で生活している人。

内容

助成の対象となる交通費は、次の6つです。

1.腎臓機能に障がいのある人が、人工透析を受けるために通院するとき

2.腎臓機能に障がいのある人が腎臓を移植し、抗免疫療法を受けるために十勝管外の医療機関へ通院するとき

3.精神に障がいのある人が、社会復帰訓練などのため施設などに通所するとき

4.心身に障がいのある人が、機能回復訓練などを行なう施設などに通所するとき

5.難病などの治療のために十勝管外の医療機関へ通院するとき

6.身体に障がいのある児童が、リハビリなどを受けるため通院するときや訪問を受けるとき

持参するもの

1.支給申請書(5KB)

2.通院・通所証明書(118KB)

3.身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の写しまたは児童相談所が措置決定した通知書の写しなど

4.特定疾患医療受給者証等または小児慢性特定疾患医療受給者証等(上記5の場合)

5.タクシーを利用する旨の申出書(28KB)(上記1の人でタクシーを利用した場合)

6.タクシーの領収書(上記1の人でタクシーを利用した場合)

7.鉄道、航空機の領収書(上記2、5の人で鉄道、航空機を利用した場合)

(注)申請書、通院・通所証明書、タクシー利用の申出書の用紙は役場福祉課障がい福祉係にあります。

支給基準

交通の手段

支給基準

バス・鉄道・航空機

往復の実費運賃の2分の1

自家用車

往復の距離(km)×30円の2分の1

任意団体バス

バスの運行に要する諸経費÷利用者数の2分の1

タクシー

往復料金の2分の1

(注)タクシーについては、人工透析のため通院されている場合で、他の交通機関が利用できない特別な事情のある人のみ対象となります(必ず、事前に届け出をしてください)。

(注)各通院日と同一日付の領収書が添付されていない場合は支給できないことがあります。

月額支給限度額

3万円

申請・支給月

4月(1〜3月分)、7月(4〜6月分)、10月(7〜9月分)、翌年1月(10〜12月分)の10日までに申請してください。その月の月末に支給します。

申請有効期間

各申請月(4、7、10、翌年1月)の1年前分までが有効となります。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部福祉課障がい福祉係
電話:0155-42-2111(内線:526)
ファクス:0155-42-5160