特別障害者手当

20歳以上で、重度の障がいが重複するため、日常生活で常時特別の介護を必要とする人に特別障害者手当が支給されます。

対象範囲

おおむね次のいずれかの障がいの程度の人

(1)両眼の視力の和が0.04以下の人

(2)両耳の聴力レベルが100デシベル以上の人

(3)両上肢の機能に著しい障がいがある人、両上肢のすべての指を欠く人、両上肢のすべての指の機能に著しい障がいがある人

(4)両下肢の機能に著しい障がいがある人、両下肢を足関節以上で欠く人

(5)体幹の機能に座っていることができない程度または立ち上がることができない程度の障がいがある人

(6)そのほか、身体の機能の障がいまたは長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活動作に介助を要する人

(7)精神の障がいであって、前各号と同程度以上と認められる程度の人

支給対象となる人

(1)上記(1)から(7)までに規定する身体の機能の障がいや、病状または精神の障がいが2つ以上ある人

(2)上記(1)から(7)までに規定する身体の機能の障がいや、病状または精神の障がいが1つあり、それ以外の国民年金の2級程度の障がいが2つあり、あわせて3つの障がいがある人

(3)上記(3)から(5)までに規定する身体の機能の障がいが1つあり、それが特に重度であるため、日常生活動作能力の評価が極めて重度であると認められる人

(4)上記(6)から(7)に規定する病状か精神の障がいが1つあり、その状態が絶対安静であり、精神の障がいにあっては、日常生活能力の評価が極めて重度であると認められる人

支給制限

(1)入院中や福祉施設入所者は対象となりません。

(2)受給中に3カ月以上入院すると受給できません。

(3)受給者本人や配偶者または障がい者を扶養している扶養義務者の所得により所得制限があります。

支給額

月額26,810円(平成29年4月改定)、支給月は2・5・8・11月(それぞれの前月分までの手当を支給)

持参するもの

(1)特別障害者手当認定請求書(145KB)(役場福祉課障がい福祉係にあります)(両面印刷してください)

(2)特別障害者手当認定診断書(役場福祉課障がい福祉係にあります)
視覚障がい(55KB)
聴覚・平衡・咀嚼・音声・言語機能障がい(168KB)
肢体不自由(182KB)
腎臓疾患(150KB)
心臓疾患(71KB)
肝臓・血液疾患及びその他の疾患(224KB)
結核及び換気機能障がい(86KB)
精神障がい(181KB)

(3)特別障害者手当所得状況届(137KB)(役場福祉課障がい福祉係にあります)

(4)金融機関の通帳(障がい者本人名義のもの)

(5)住民票(世帯全員分)(注)マイナンバーが記載されているもの

(6)障害年金等を受給している場合は、年金額の確認できるもの(振込通知書・通帳の写しなど)

(7)印鑑

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部福祉課障がい福祉係
電話:0155-42-2111(内線:526)
ファクス:0155-42-5160