ごみサポート収集について

 町は、家庭ごみの排出が困難な高齢者や障がい者のごみ出しの負担を軽減するため、職員が直接自宅を訪問し、ごみを収集する「ごみサポート収集事業」を行っています。

対象者の要件

 自ら家庭ごみを収集場所まで運ぶことが困難で、親族や近隣住民などの協力を得ることも難しい人が対象となります。なお、次の(1)から(5)のいずれかの要件に該当することが条件です。

(1)介護保険の要支援または要介護の認定を受けている。
(2)身体障害者手帳1級または2級の交付を受けている(肢体不自由または視覚障がい)。
(3)精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている。
(4)療育手帳重度(A判定)の交付を受けている。
(5)障がい福祉サービスに係る訪問介護などを利用している。
(注1)特別養護老人ホームなど福祉施設に入居している人は対象外となります。

サポートの内容

  • 原則として月曜・木曜・金曜日の午前中のうち、いずれか週1回「燃やすごみ」「燃やさないごみ」「資源ごみ」「プラスチック製容器包装」などに分別された家庭ごみを玄関先などから収集します。

(注2)「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」については、必ず町指定のごみ袋を使用して分別してください。
(注3)「大型ごみ」はごみサポート収集事業の対象外です。「大型ごみ」の収集は、大型ごみ受付センター(電話38-7100)に申し込んでください。

  • 収集時に、職員からの声かけを希望する人に対しては声かけを行ってコミュニケーションを図ります。もし応答がない場合、職員が必要に応じてあらかじめ登録された緊急連絡先に連絡をします。

申し込みから収集までの流れ

1.申し込み

  • 電話または役場環境生活課の窓口で直接申し込んでください(受付時、職員が現在のごみ出しの状況を口頭で確認します)。
  • 受付後、申請書を環境生活課に直接または郵送で提出してください。申請書は、環境生活課窓口に設置しているほか、下記からダウンロードできます。

 (注4)家族やケアマネジャーなど、本人以外の代理での申し込みも可能です。

2.訪問調査

  • 職員が自宅に訪問し、詳しい状況を確認します。
  • ごみの収集場所や収集する曜日などについて相談します。

 (注5)自宅訪問時にはなるべく親族やケアマネジャーなどの立ち会いをお願いします。

3.サポート収集の決定・開始

  • 申込者がサポート収集の対象と判断された場合、決定通知を行います。
  • あらかじめ相談した収集する曜日に、指定された収集場所(玄関先など)からごみを回収します。

要綱・様式

 音更町ごみサポート収集事業実施要綱(9KB)

 別記第1号様式(ごみサポート収集事業利用申請書)(4KB)

  別記第1号様式(ごみサポート収集事業利用申請書)(記載例)(21KB)

 別記第4号様式(ごみサポート収集事業申請内容変更等届出書)(3KB)

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部環境生活課環境生活係
電話:0155-42-2111(内線562)
ファクス:0155-42-5160