マイマイガ・カシワマイマイの卵の駆除(お願い)

 マイマイガ・カシワマイマイは、卵塊で越冬し、4月末ころからふ化を始めます。駆除は、卵塊のときか幼虫の初期に行うのが効果的です。卵・幼虫のうちに駆除しましょう。

卵の駆除方法

 マイマイガは黄褐色のマユ状の卵を産みつけます。大きさは2から4cm程度でこのマユの中に卵が入っています。

 また、カシワマイマイは乳白色の液で固められた状態の卵を産みつけます。黄色く丸い卵が覗いて見えます。

 卵は比較的低いところに生む傾向がありますが、窓の溝や建物の基礎など見えにくいところにも生みつけますので、確認するときは注意が必要です。

 卵は、壁などから削り落としても、落とした卵から幼虫がふ化する場合があります。効果的な駆除方法は、底部を切り取った角型ペットボトルを利用し、壁などから削り取るか、ガムテープやロール式カーペットクリーナーなどの粘着テープで卵をはぎ取る方式です。卵がついたガムテープなどは、丸めて燃えるごみとして処分してください。

 卵が取りにくい場合は、削り落としてから卵を集め、燃えるごみとして処分してください。

マイマイガは

 建物の軒下・壁・基礎・水切り・家の周りの物陰・すき間など

 木の幹・樹皮の間・根元など

 いろいろな所に産卵します。

(注)卵の除去は地域ぐるみで取り組むことが効果的です。
大量発生を防ぐためにも近所で声を掛け合って、みんなで駆除するようにしましょう。

幼虫の駆除方法

 4月末ころからふ化を始め、2から3ミリの幼虫(毛虫)になり、糸を吐いて飛散し、樹木の葉を食害します。
駆除は、粘着テープで粘着させるか、早期の薬剤散布が効果的です。

○使用薬剤
市販されている、アブラムシ・毛虫用の乳剤で駆除できます。
・スミチオン乳剤(MEP乳剤)
・オルトラン乳剤(トレボン乳剤)
・マラソン乳剤
・家庭用殺虫剤(毛虫駆除用スプレーなど)

●関連情報
北海道林業試験場ホームページ



お問い合わせ先
音更町役場町民生活部環境生活課環境生活係
電話:0155-42-2111(内線562)
ファクス:0155-42-5160