オムツ、有害・危険ごみ、ボランティア清掃ごみの出し方

オムツの出し方

汚物を取り除いてから、透明・半透明の袋に入れて「燃やすごみの日」に出してください。

無料収集するオムツの種類

乳幼児、障がい者、高齢者などがいる世帯から排出される紙・布オムツ、尿とりパッド、お尻拭き

(注)老人ホーム等の施設から出されるオムツ類は、事業系ごみとなりますので、音更町では収集しません。

町では収集しないごみ(別ページにリンクします)

有害ごみの出し方

透明・半透明の袋(蛍光管は保護ケース)に入れて「燃やさないごみの日」に出してください。乾電池、水銀体温計(温度計)、蛍光管は、それぞれ別々にして出してください。

なお、袋などにはマジックで記入するか張り紙で「有害ごみ」と表示をしてください。

有害ごみの種類

乾電池

乾電池(アルカリ・マンガン・リチウム乾電池等の使い切りタイプ)
(注)ボタン電池、ニッカド電池(充電式電池)は、町で収集しません。販売店などで引き取ってもらってください。

水銀使用機器

水銀体温計・水銀温度計・水銀血圧計
(注)デジタル(液晶)式体温計は「燃やさないごみ」に出してください。

蛍光管

蛍光管・蛍光球
(注)電球は、割れないようにケースなどで梱包してから、袋に入れて出してください。

 

危険ごみの出し方

危険防止のこん包をしてから、透明・半透明の袋に入れて「燃やさないごみの日」に出してください。量が多い場合や割れたガラスなどは、ダンボール箱に入れて出しても構いません。

なお、袋などにはマジックで記入するか張り紙で「危険ごみ」と表示をしてください。

危険なものでも45リットル袋に入らない大きさであれば、大型ごみとなりますので、「ごみ処理券」を貼って出してください。

大型ごみの出し方について(別ページにリンクします)

危険ごみの種類

刃物、ガラス・陶器類、鏡、針、ライター

(注)刃物類は、ケガをしないように布や紙などで包んでから出してください。

ボランティア清掃ごみの出し方

ボランティア活動によって集められた清掃ごみは、無料で収集しますので「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」の2種類に分別し、透明・半透明の袋に入れて出してください。

個人などで道路やごみステーションの周囲を清掃された場合

「燃やすごみの日」や「燃やさないごみの日」に普段のごみ排出場所に出してください。

なお、袋にはボランティア活動によって集められたものと分かるように、必ずマジックで記入するか張り紙で「ボランティアごみ」などと表示をしてください。

町内会などの団体で多量に集められる場合

事前に役場環境生活係までご連絡ください。

(注)街路樹や公園の落ち葉を集めた場合もボランティア清掃ごみに該当します。

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部環境生活課環境生活係
電話:0155-42-2111(内線562)
ファクス:0155-42-5160