資源ごみの出し方

 下記の種類別に、透明や半透明の袋に入れて(紙パック、ダンボール、新聞紙、雑誌類については、ひもで十文字にしばる)出してください。
(注)肥料袋や米袋に入れて出すことはできません。
また、再利用に支障が出るため、汚れているものは必ず汚れを落としてから出してください。

「資源ごみ」の日に出すもの(プラ容器包装を除く)

缶類 飲料用のアルミ缶、スチール缶
(注)「アルミ」と「スチール」に分けなくても結構です。ただし、町内会等の資源集団回収に出す場合は、分けて出してください。
スプレー缶
(注)必ず中身を使いきり、穴をあけずにスプレー缶だけを袋に入れて出してください(飲料用の空き缶などは、別の袋に入れてください)。
お菓子の缶、缶詰の缶など
ガラスびん 飲料用のびん(ジュース、ドリンク、洋酒など)
その他のびん(しょうゆ、みりん、ジャムなど)
(注)ふたやキャップは、必ずはずしてください。油・化粧品など油分の取れないびん、クリスタルガラスについては、「燃やさないごみ」になります。
ペットボトル 飲料用のペットボトル(ジュース、焼酎など)
その他のペットボトル(しょうゆ、みりんなど)
(注)ふた、キャップは必ずはずしてください。ラベルは極力剥がしてください。
紙製容器包装

ティッシュペーパーの箱、お菓子の箱、洗剤の箱、タバコの箱(注)包装フィルムは、「プラスチック製容器包装(プラごみ)」になります。
カップメンのふた、包装紙など

紙パック 飲料用の紙パック(牛乳、ジュースなど)
(注)中を水洗いして切り開き、乾燥させて、ひもで十文字にしばってから出してください。中が銀色の紙パックは、「紙製容器包装」になります。
ダンボール ダンボール
(注)必ず開いて折りたたみ、ひもで十文字にしばってから出してください。
新聞紙 新聞紙
(注)チラシなどを混ぜないで、ひもで十文字にしばってから出してください。
雑誌類 雑誌、本、チラシ、ノート、カレンダー、コピー用紙
(注)ひもで十文字にしばってから出してください。感熱紙、写真、レシート、はがき、封筒、シュレッダー処理した紙は「燃やすごみ」になります。

「プラ容器包装」の日に出すもの

プラスチック製容器包装(プラごみ) シャンプーの容器、洗剤の容器、発泡トレイ
発泡スチロールの箱、納豆の容器、ラップ
スナック菓子の袋、ねりわさびなどのチューブ
マヨネーズ、ケチャップの容器、弁当の容器
カップメンの容器、ペットボトルのキャップなど

資源ごみの持ち去りはやめましょう

 資源ごみの持ち去りが問題となっています。資源ごみの日に出されるごみは、町民の皆さんがリサイクルのために町に協力して出しているものです。資源ごみの持ち去りは町民の分別に対する意識の阻害になりますので、絶対にやめてください。

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部環境生活課環境生活係
電話:0155-42-2111(内線562)
ファクス:0155-42-5160