地球温暖化対策(家庭編)

地球温暖化により、世界的にさまざまな問題が生じています。海面が上昇し海抜の低い島々で海岸が失われたり、各地で異常気象が起きたりしています。

地球温暖化を防止するためには、私たちの生活を見直し、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすことが必要です。

家庭で行う地球温暖化対策は、地球にやさしいだけでなく、節電や節約にもつながりますので、できるものから始めてみましょう。

家庭でできる地球温暖化対策

冷房の温度を1℃高く、暖房の温度を1℃低く設定する

カーテンを利用して太陽光の入射を調整したり、クールビズやウォームビズを取り入れることにより冷暖房の設定温度を工夫して過ごしましょう。

  • 年間約33kgのCO2の削減
  • 年間で約1,800円の節約

週2日往復8kmの車の運転をやめる

通勤や買い物のときは、バスや自転車を利用しましょう。歩いたり自転車を使うほうが健康にもいいですよ。

  • 年間約184kgのCO2の削減
  • 年間で約9,200円の節約

1日5分のアイドリングストップを行う

駐車や長時間停車するときは、車のエンジンを切りましょう。大気汚染物質の排出削減にも役立ちます。

  • 年間約39kgのCO2の削減
  • 年間で約1,900円の節約

待機電力を50%削減する

主電源を切りましょう。長時間使わないときは、コンセントを抜きましょう。また、家電製品の買い替えのときは、待機電力の少ないものを選びましょう。

  • 年間約60kgのCO2の削減
  • 年間で約3,400円の節約

シャワーを1日1分家族全員が減らす

身体を洗っているあいだは、お湯を流しっぱなしにしないようにしましょう。

  • 年間約69kgのCO2の削減
  • 年間で約7,100円の節約

風呂の残り湯を洗濯に使いまわす

洗濯や庭の水やりのほか、トイレの水に使っている人もいます。残り湯利用のために市販されているポンプを使うと便利です。

  • 年間約7kgのCO2の削減
  • 年間で約4,200円の節約

ジャーの保温を止める

ポットやジャーの保温は利用時間が長いため、多くの電気を消費します。ごはんは電子レンジで温めなおすほうが電力の消費は少なくなります。

  • 年間約34kgのCO2の削減
  • 年間で約1,900円の節約

家族が同じ部屋で団らんし、暖房と照明の利用を2割減らす

家族が別々の部屋で過ごすと、暖房も照明も余計に消費します。

  • 年間約238kgのCO2の削減
  • 年間で約10,400円の節約

買い物袋を持ち歩き、過剰包装は避ける

トレーやラップは家に帰れば、すぐごみになってしまいます。買い物袋を持ち歩けばレジ袋を減らせます。

  • 年間約58kgのCO2の削減
  • 資源節約

テレビ番組を選び、1日1時間利用を減らす

見たい番組だけを選んでみるようにしましょう。

  • 年間約14kgのCO2の削減
  • 年間で約800円の節約

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部環境生活課環境生活係
電話:0155-42-2111(内線562)
ファクス:0155-42-5160