介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)が始まります

 介護保険法の改正により、現在、要支援1か要支援2の認定を受けている人に提供されている「ホームヘルプサービス(介護予防訪問介護)」と「デイサービス(介護予防通所介護)」は町が実施する「介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)」に移行することになります。

 全ての市町村が、平成29年4月までに新総合事業を実施することになりますが、音更町では、平成28年3月から実施します。

 現在、要支援1か要支援2の認定を受けている人でホームヘルプサービスとデイサービスを利用されている人は、認定の更新時に新総合事業に移行することになりますが、引き続き現行と同様のサービスを受けることができます。

 また、既存の介護事業所によるサービスに加え、地域の実情に応じてボランティア団体、地域住民などの多様な主体による生活支援サービスを検討し、準備が整ったものから順次実施していきます。

新総合事業移行図

新総合事業とは

 団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、ひとり暮らし高齢者、高齢者夫婦のみの世帯、認知症高齢者が増加していくことが予想されます。

 高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう地域全体で高齢者を支えるとともに、高齢者自身も自らの持つ能力を最大限に生かして要介護状態となることを予防することが大切です。そのための仕組みとして、市町村が中心となり地域の実情に応じて、住民などの多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、地域での支えあいの体制づくりを推進し、要支援者などに対する効果的かつ効率的な支援を可能とすることを目指すものです。

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部地域包括支援センター(高齢者福祉課)
〒080-0104 北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-32-4567
ファクス:0155-32-4576