地域包括支援センターとは

住み慣れた地域での自立した暮らしを支援します。

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターは、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で安心した生活をつづけられるようささえていくための拠点として、設置された機関です。ここでは、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー等が中心になって介護予防に関するマネジメントをはじめとする高齢者への総合的な支援を行います。

介護予防ケアマネジメント(適切な介護予防のために)

「要介護認定において要支援1・2とされた人」や「介護や支援が必要になるおそれのある人が、今より介護が必要な状態にならないように、適切な介護予防サービスを利用していくために「介護予防サービス・支援計画書」を作成し、定期的に効果を評価しながら必要に応じて介護サービスの見直しを行います。

総合相談支援(様々な問題を解決するために)

高齢者の皆さんやその家族、地域住民の人などから相談を受けて、介護保険だけでなくさまざまな制度や地域資源を利用した総合的な支援を行います。

権利擁護(高齢者皆さんの権利を擁護するために)

高齢者虐待防止や虐待の早期発見、成年後見制度の活用など高齢者の権利を擁護するために必要な援助を行います。

包括的・継続的ケアマネジメント(いつでも必要なサービスを利用するために)

高齢者の皆さんの心身の状態やその変化に合わせて、とぎれることなく必要なサービスを利用できるようにケアマネジャーの指導・助言や医療機関など関係機関との調整を行います。

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部地域包括支援センター(高齢者福祉課)
〒080-0104 北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-32-4567
ファクス:0155-32-4576