妊娠とわかったら

母子健康手帳の交付

母子健康手帳は、妊娠中の経過や出産の状況、お子さんの成長や予防接種状況を記録する大切な手帳です。

保健センターでは、安心して妊娠期を過ごせるよう、妊娠中の身体の変化や体調、食事について保健師や栄養士に相談ができます。

産婦人科での妊娠の確定診断を受けたら、できるだけ早く妊娠の届け出をして、母子健康手帳の交付を受けましょう。

(注1)平成29年10月1日から、母子健康手帳の交付は予約制に変わります

(注2)成28年1月から母子保健法の改正に伴い、妊娠届け出時にマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カードと本人確認が必要になりました。

妊婦一般健康診査受診票(14枚)と超音波検査受診票(6枚)の交付

妊婦健診料金の一部を補助するものです。

母子健康手帳と同時に発行しています。

(注1)住民票を他市町村に異動した場合は使用できませんので、転出予定の人は母子健康手帳発行時にお知らせください。

(注2)道外で妊婦健診を受けた場合は使用できませんので、自己負担となりますが、後日、保健センターへの申請で、助成の対象となる金額分を上限に支払います。道外に里帰りする前に、保健センターまでご連絡ください。

(注3)町外から転入した場合、妊婦一般健康診査受診票と超音波検査受診票の差し替えが必要です。転入手続きを済ませたら、事前にご連絡の上、保健センターで手続きをお願いします。詳しくは「音更町に転入される妊婦さんへ(415KB)」をご確認ください。

交付場所

保健センター

交付日時

月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)の午前8時45分から午後5時30分(第2・4火曜日は午後7時まで)

(注1)前日までに電話などでご予約の上、時間に余裕を持ってお越し下さい。

交付に必要なもの

印鑑と以下のものをご用意ください。

1.妊婦本人が届け出する場合

(1)マイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード

(2)本人確認ができるもの…1点で良いもの(顔写真がついているもの)は、個人番号カード・運転免許証・パスポート、2点必要なもの(顔写真がついていないもの)は、健康保険証・住民票・社員証など

2.同一世帯の代理人が届け出する場合 

(1)妊婦のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード

(2)代理人の本人確認ができるもの(上記の「1.妊婦本人が届け出する場合(2)」と同じ)

(注1)母子健康手帳は代理人にも交付しますが、前回の妊娠、出産の経過、出産予定日、妊婦の妊娠前の身長、体重などを確認してきてください。

(注2)同一世帯以外の人が申請する場合は、保健センターまでご相談ください。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部保健センター(保健課)母子保健係
〒080-0104 北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712(内線:915)
ファクス:0155-42-2713