ひとり親家庭等の医療費助成について

助成の対象

音更町に住民登録をしていて、医療保険に加入している人で前年か前々年の所得額が限度額未満の人のうち次のいずれかに該当する場合。

(1)母親(または父親)に扶養か監護されている母子(または父子)家庭の児童とその母親(または父親)。

(2)両親の死亡、行方不明などの理由で両親以外の人に扶養されている児童。

(注1)監護とは、同居・別居を問わず児童の生活面に様々な配慮している状況のことです。

(注2)母子(または父子)家庭でない場合もひとり親家庭等に該当する場合があります(配偶者が重度の障がいを持ち、長期にわたり労働能力を失っている場合や長期にわたり拘禁されているため、その扶養を受けることができない場合など)。

対象年齢

児童が20歳に達した日の月の末日までです。ただし、満18歳に達した日の年度の末日(3月31日)以降は親が扶養していることが条件ですので、在学証明書や親が扶養していることの申立書などの提出をお願いします。

なお、当コンテンツで就学前とは、満6歳になった後の最初の3月31日までのことです。

助成の内容

医療機関などにかかった時の医療費のうち、保険診療の自己負担額を以下のとおり助成します。

(1)就学前と低所得世帯(市町村民税非課税世帯)の人

自己負担額はありません(全額助成します)。

(2)(1)以外の人

自己負担額のうち1割分を負担していただきます(残り2割分を助成します)。ただし、自己負担していただく1割分については次のとおり月額上限額があります。

通院と訪問看護基本利用料12,000円(個人ごと)

通院と入院44,400円(世帯ごと)

(世帯合算は制度ごとに行い、他の制度との合算はしません)

(注3)入院時食事療養費の標準負担額や薬の容器代、文書料、差額ベッド代などの保険外診療は助成の対象となりません。

高額療養費について

助成した医療費のうち本来加入している健康保険が支払うべき高額療養費が含まれている場合は、音更町が一時立て替え払いをすることになり、被保険者に代わって加入している健康保険へ立て替えた分の高額療養費を請求することになります。この場合は「健康保険高額療養費支給申請書」を郵送しますので、委任欄の記載をお願いします。

また、すでに加入している健康保険から高額療養費を受け取っている場合は、高額療養費の二重受取になりますので、音更町助成分を返還していただくことになります。この場合は、後日返還方法について通知します。

助成を受けるための手続き

医療費助成を受けるには、事前に「ひとり親家庭等医療費受給者証」の交付を受けることが必要です。次のものを持って受給資格の登録申請の手続きをしてください。

(1)被保険者証または組合員証(以下「健康保険証等」といいます)

(2)ひとり親等を証明する書類(戸籍全部事項証明書(謄本)など)。ただし音更町の公簿などで確認できる場合は必要ありません

(3)生計を主として支えている人(以下「生計維持者」といいます)の所得の状況と受給者の世帯全員の市町村民税の課税状況を確認できる書類(所得課税証明書など。なお、町や税務署に所得の申告を行っている人など音更町の公簿などで所得の確認ができるときは提出の必要はありません)

(4)印鑑(認印可)

受給資格があるときは、受給者証を交付します。また、所得制限などの理由で受給資格がないときは、申請却下の通知をします。

(注5)助成の開始月が8月から12月のときは前年の、1月から7月のときは前々年の所得と課税状況を明らかにする書類が必要となります(両方とも音更町の公簿などで所得の確認ができるときは提出の必要はありません)。

(注6)受給者証の有効期限は毎年7月末日となります。

(注7)受給者証は受給資格を喪失するまで自動更新しますが、所得制限などで受給資格に該当しなくなった場合は、非該当通知書を送付します。

(注8)所得制限などにより受給資格が非該当になった場合でも、翌年8月以降に再度該当になる場合もあります。

(注9)年度更新のときに、ひとり親等を証明する書類を提出していただく場合があります。

ひとり親家庭等医療費受給資格登録申請書(79KB)

重度心身障がい者・ひとり親家庭等医療費受給者証再交付申請書(37KB)

診察を受けるとき

健康保険証などと一緒に受給者証を病院などの窓口に出してください。

病院などで医療費を支払う場合

次のような場合には、いったん病院などに医療費を支払っていただきますが、後日申請することで助成を受けることができます。

(1)北海道外の病院などにかかったとき

(2)受給者証を提示しなかったとき

(3)健康保険証などを使用しなかったとき(まず健康保険の給付分を受けてからになります)

(4)治療用装具(コルセットなど)にかかる費用(まず健康保険の給付分を受けてからになります)

申請に必要なもの

(ア)病院などが発行した領収書、領収証明書

(イ)受給者証

(ウ)健康保険証など

(エ)印鑑(認印可)

(オ)口座振込になりますので振込口座の分かるもの

重度心身障がい者・ひとり親家庭等医療費助成申請書(81KB)

登録事項に変更があったとき

受給者証の交付を受けた後に次のような変更があったときは速やかに変更の手続きを行ってください。

(1)住所、氏名に変更があったとき

(2)加入している健康保険に変更があったとき

(3)生計維持者の住所、所得などに変更があったとき

重度心身障がい者・ひとり親家庭等医療費受給資格内容変更届(40KB)

受給資格がなくなる場合

次の場合には受給資格はなくなります。受給者証も使えなくなりますので、返還してください。また、受給資格がなくなった後に受給者証を使用して受診した場合には、あとからその助成分を返還していただくことがあります。

(1)婚姻などによりひとり親家庭等でなくなったとき(事実上の婚姻関係を含みます)

(2)町外に転出するとき(そのまま音更町の資格がある場合もあります)

(3)死亡したとき

(4)生活保護を受けるようになったとき

(5)児童福祉法に規定する措置で、小規模住居型児童養育事業を行う者もしくは里親に委託され、または児童福祉施設に入所し医療の給付を受けることになったとき

(6)受給者証の有効期限が満了したとき

(7)前年か前々年の所得が限度額以上になったとき

(8)音更町重度心身障がい者医療費助成の受給者となったとき

(9)満18歳に達した日の年度の末日が過ぎたとき(児童が親の扶養を受けている状態のときは、満20歳に達した日の月の末日が過ぎたとき)

所得制限

ひとり親家庭等の生計維持者(母親または父親、母親または父親の所得がないときはその扶養義務者(母または父の父母など))の所得が次の表の基準を超えないことが受給の条件になります(児童扶養手当の扶養義務者の限度額に準拠しています)。

扶養人数

所得限度額

0人

2,360,000円

1人

2,740,000円

2人

3,120,000円

3人

3,500,000円

以下、扶養人数1人につき所得限度額に380,000円を加算。

申請、手続きの窓口

音更町役場保健福祉部福祉課福祉係(音更町元町2番地)

音更町役場木野支所(音更町木野大通西6丁目1番地)

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部福祉課福祉係
電話:0155-42-2111(内線:523)
ファクス:0155-42-5160