呼吸器ドック

音更町のがん死亡の中で毎年1番多いのが「気管・気管支及び肺」のがんですが、早期に発見する事で、治療の効果が上がります。

また、COPD(慢性閉塞性肺疾患)は主にたばこ煙を長期に吸入する事で肺の炎症が進行し、肺以外の全身への影響を引き起こします。咳、痰、息切れなどありふれた症状で始まるため見過ごされがちで、異常を感じた時には重症になっていることがありますが、早期診断をうけ適切な治療を受ければ進行を遅らせることができます。COPDの診断には肺機能検査が必要です。

肺は休まず働いています。呼吸器ドックを受けて肺の状態を確かめてみましょう。

対象者

音更町内在住の35歳以上の人

申込み方法

帯広徳洲会病院(32-3030)に電話で申し込んでください。

電話の受付時間は、祝日を除く平日の午前9時から午後4時までです。

検診実施病院

帯広徳洲会病院(音更町木野西通14丁目2-1)

検診料金自己負担額

8,120円(検査料金15,120円のうち7,000円を町が助成します)

検査内容

胸部CT、喀痰検査、肺機能検査、診察

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部保健センター(保健課)成人保健係
〒080-0104 北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712(内線:920)
ファクス:0155-42-2713