高齢者の肺炎球菌予防接種

平成26年10月1日から高齢者の肺炎球菌予防接種は定期接種となり、年度ごとに対象者が決められています。

定期接種対象者には町の助成があります。

対象者

(1)65歳の人(平成26年度から平成30年度までは、年度内に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の満年齢を迎える人)

(2)60歳以上65歳未満で心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能の障がいまたは、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障がいを有する者として身体障害者手帳1級の交付を受けている人

(注1)ただし、すでに肺炎球菌予防接種を受けている人は対象になりません。

(注2)平成26年10月1日から平成31年3月31日までは、年度ごとに定期接種対象者が生年月日で決まっています。対象者には個人通知でお知らせしています。なお、対象になるのは、通知のあった年度内に受ける接種(1回限り)で、翌年度以降の接種はすべて任意接種となります。

平成29年度の定期接種対象者

 
平成30年3月31日までに迎える年齢 生年月日
65歳になる人 昭和27年4月2日から昭和28年4月1日生まれ
70歳になる人 昭和22年4月2日から昭和23年4月1日生まれ
75歳になる人 昭和17年4月2日から昭和18年4月1日生まれ
80歳になる人 昭和12年4月2日から昭和13年4月1日生まれ
85歳になる人 昭和7年4月2日から昭和8年4月1日生まれ
90歳になる人 昭和2年4月2日から昭和3年4月1日生まれ
95歳になる人 大正11年4月2日から大正12年4月1日生まれ
100歳になる人 大正6年4月2日から大正7年4月1日生まれ

 

接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

(注3)接種期間を過ぎて受けた場合は任意接種となり、町の助成対象にはなりません。

指定医療機関

実施医療機関は、下記のPDFファイルを参照ください。

指定医療機関(23.4KB)

助成金額

接種費用のうち、町が4,000円を助成します。生活保護世帯の場合は、接種費用の全額を助成します。

(注4)費用は医療機関により異なります。自己負担額はおおむね2,000円から4,000円になります。詳しくは、接種希望の医療機関で確認してください。

助成方法

(1)指定医療機関で接種するとき:接種費用から町の助成金額を差し引いた自己負担額が請求されますので、窓口で自己負担額をお支払いください。

(2)指定医療機関以外で接種するとき:接種費用の全額を支払った後、助成の申請が必要になります。接種する前に保健センターまたは木野支所で助成に必要な用紙をお受け取りください。

指定医療機関で接種するときに必要なもの

(1)助成対象者全員:住所、氏名、生年月日を確認できるもの(健康保険証、後期高齢者医療被保険者証など。生活保護世帯の人は生活保護法による保護費支給対象の世帯員であることの証明書(役場福祉課か木野支所で発行します))

(2)助成対象者で60歳以上65歳未満の人:身体障害者手帳

(3)「音更町予防接種記録カード」を持っている人は接種記録を記入しますので持参してください。

その他

(1)接種は義務ではありませんので、体調などを主治医と相談のうえご判断ください。

(2)定期接種対象者以外で接種を希望する場合は、任意接種として接種する事ができますので、主治医にご相談ください。ただし、町の助成はありません。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部保健センター(保健課)成人保健係
〒080-0104 北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712(内線:920)
ファクス:0155-42-2713