風しんの届出数が増加していますので注意してください

現在、例年と比較して、関東地方を中心に風しんの届出数が増加していますが、その多くが30代から50代の男性で、この年代の男性においては、風しんの抗体価が低い人が2割程度存在していることが分かっています。この時期は、多くの人の往来が見込まれることから、今後、全国的に感染が拡大する可能性がありますので、注意してください。

風しんとは

感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる感染症です。風邪によく似ており、感染すると、発熱、発疹、リンパ節腫脹といった症状が認められ、多くの場合は数日で治りますが、風しんは、咳・くしゃみで他人にうつるため、学校、職場、公共交通機関などの人が集まる場所で感染が拡大する恐れがあります。

感染を防ぐために

(1)体調がすぐれない場合には、無理して外出しないでください。

(2)どうしても外出が必要な場合には、咳エチケットを徹底しましょう。

(3)風しんを疑う症状(発熱、発疹など)が出現した際は、医師に相談しましょう。

妊娠を望んでいる女性、妊婦の夫とその同居家族の人へ

風しんからお腹の子どもを守りましょう

妊娠早期の妊婦が風しんにかかると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障がいが出ること)になる可能性がありますので、妊娠を望んでいる女性、妊婦の夫とその同居家族で風しんの抗体価が低い人は、予防接種を受けることが重要です。

抗体検査について

抗体検査費用は、自己負担ですが、北海道で検査費用を助成しています。詳しくは、北海道ホームページの風しん抗体検査事業(外部サイトへリンクします)をご覧ください。

成人の風しん予防接種について

成人の風しん予防接種費用は、任意接種のため自己負担となりますが、町では、予防接種費用の一部を助成しています。詳しくは、成人の風しん予防接種費用の一部助成についてをご覧ください。

※妊娠中は、予防接種を受けることができません。

 

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部保健センター(保健課)母子保健係
〒080-0104 北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712(内線:915)
ファクス:0155-42-2713