風水害に備えて

風水害対策

台風、豪雨、洪水は地震と違って、事前に規模や襲来時期をある程度予測することができます。正確な情報をいち早くキャッチして、万全の対策をとり、被害を最小限にとどめましょう。

台風・大雨に備えて

  • 屋根、外壁、窓ガラスなどを普段から点検し、補修しておきましょう。
  • アンテナ、看板などは補強しておきましょう。
  • 住宅付近の地形、道路、ハザードマップなどをよく見ておき、危険箇所や避難場所を確認しておきましょう。

台風・大雨が近づいてきたら

  • ラジオ、テレビなどの気象情報や、音更町が流す防災関係の情報に注意しましょう。
  • 外出先から早く帰宅し、家族全員と連絡を取り合いましょう。
  • 停電に備えて、懐中電灯、携帯ラジオなどを用意しておきましょう(地震に備えて−非常持出品参照)。(別ページにリンクします)
  • ベランダにある植木鉢、物干しざおなど飛散の危険が高いものは室内に取り込みましょう。
  • がけ地付近の人は、大雨が続くと地盤がゆるみ、がけ崩れの起こるおそれがありますので、十分注意しましょう。
  • 川の付近に住んでいる人は、川の増水に注意しましょう。

危険な前触れに注意しましょう

  • 川の水かさが急激に、または著しく上昇している。
  • 川がにごるか、流木などが流れている。
  • がけから音がする。小石が落ちてきている。斜面にひび割れや変形がある。
  • がけや斜面から水が吹き出している。がけからの水が濁っている。
  • 山鳴りがする。雨が降り続いているのに川の水位が下がっている。

水深の目安について

想定される浸水深

水深の目安

5.0m以上

2階の軒下より上

5.0m未満

2階の軒下までつかる程度

2.0m未満

1階の軒下までつかる程度

1.0m未満

おとなの腰までつかる程度(床上浸水)

50cm未満

おとなのひざまでつかる程度(床下浸水)

水深の目安画像

情報の伝達経路

避難勧告・避難指示は、下記の経路で町民のみなさんに伝達されます。

情報の伝達経路

洪水ハザードマップ(PDF:3720KB)

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場総務部情報・防災課防災係
電話:0155-42-2111(内線:242)
ファクス:0155-42-2117