自主防災組織

自主防災組織とは

自主防災組織とは、住民一人ひとりが「自らの命は自ら守る」そして、「自分たちのまちは自分で守る」という、地域住民の自衛意識と連携に基づいて結成される防災組織のことです。

自主防災組織の必要性

災害は、いつ発生するか分りませんし、災害の規模によっては、公共機関の支援や救出、救護が期待できないことがあります。

このような事態が発生したときに、地域内の災害時要援護者となる高齢者や身体障がい者、介助の必要な人に救助の手を差し伸べることができるのは、身近にいる地域の皆さんです。

平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災や平成16年10月に発生した新潟県中越地震では、生き埋めにされたり建物などに閉じ込められた人の多くが、自力か家族や隣人によって救助されています。地域住民がお互い助け合い、人命救助や消火にあたることが被害をより少なくすることにつながります。

自主防災組織の役割

地域内で自主的に防災活動を行う自主防災組織の役割としては、次のようなことが考えられます。

平常時の活動

 防災知識の普及啓発活動 防災だよりなどの発行、講習会の開催など
各家庭の安全確保 消火資機材などの点検整備、家具の固定、建物や塀の耐震診断など
地域内の防災環境の確認 災害時要援護者、地域内の避難場所、避難路の把握、地域内の危険箇所の把握と防災マップの作成など
防災訓練の実施 情報連絡訓練、消火訓練、避難訓練、救出救護訓練、給食給水訓練など
 防災資機材点検整備 防災資機材や備蓄品の管理など

災害時の活動

情報収集伝達活動 地域内の被害情報などの収集や防災機関への伝達、役場や消防署などからの救護情報などの住民への周知
初期消火活動 消火器、バケツリレーなどによる初期消火活動
避難誘導活動 地域住民などの安否確認、避難誘導、災害時要援護者への援助など
救出救護活動 簡単な工具を使用した救出、負傷者の救護など
給食給水活動 備蓄食糧などによる給食、救援物資(食事、飲料、水など)の避難場所への運搬と分配

 

自主防災組織をつくるには

自主防災組織をつくるには、あらかじめ、規約や事業計画などを定めておくと効率的な組織運営を行うことができます。以下の参考例をご利用ください。

また、自主防災組織の設立についてわからないことがありましたら、役場情報・防災課防災係までご相談ください。

自主防災組織をつくりましょう(31KB)

音更町自主防災組織に関する報告書(6KB)

音更町自主防災組織に関する報告書(68KB)

規約(6KB)

規約(Word:31KB)

防災計画(171KB)

防災計画(Word:54KB)

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場総務部情報・防災課防災係
電話:0155-42-2111(内線:242)
ファクス:0155-42-2117