児童手当について

児童手当の目的

父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識を下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭などにおける生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

支給対象

満15歳以後の最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前までの児童)

受給資格者

音更町に住民登録があり、支給対象となる児童を養育している父か母など
(注1)共働きの場合は、所得や健康保険の状況などにより主に生計を維持している人

所得制限

平成24年6月分から適用されます。

所得制限表

扶養親族等の数

所得額

収入額(給与所得者の目安)

0人

622.0万円

833.3万円

1人

660.0万円

875.6万円

2人

698.0万円

917.8万円

3人

736.0万円

960.0万円

4人

774.0万円

1,002.1万円

5人

812.0万円

1,042.1万円

(注2)扶養親族等が6人以上の場合は、1人につき38万円を加算

手当の月額

  • 0歳から3歳未満(一律)15,000円
  • 3歳から小学校修了前(第1子・第2子)10,000円
  • 3歳から小学校修了前(第3子)15,000円
  • 中学生(一律)10,000円
  • 所得制限限度額を超過する場合(一律)5,000円

(注3)18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある養育している児童を年齢順に数えます。

支給時期

前月分までの手当を6月、10月、2月の15日に支給します。
(注4)支給日が休業日の場合は、その前日に支給

請求手続き

児童手当を受給するには、新規認定請求の手続きが必要です。また、手当を受給中に児童が生まれるなど児童手当の対象人数が変わった場合には、額改定認定請求の手続きが必要です。支給開始月(増額される月)申請日の翌月分からの支給(増額)となります。ただし、月末の出生や転入などで、15日以内に申請した場合は、出生、転入などがあった月に申請があったことにできる開始特例がありますので、お早めに申請手続きをしてください。
(注5)公務員の場合は、勤務先での手続きとなります。

認定請求書様式

転入や出生などで新たに児童手当の申請をする場合
児童手当認定請求書(109KB)

請求に必要なもの

(1)印鑑

(2)申請者名義の預金通帳やカードなど口座が確認できるもの
(注6)指定できる口座は、申請者名義の普通口座に限りますので、児童名義の口座や貯蓄口座はご指定いただけません。

(3)申請者の健康保険証のコピーまたは年金加入証明書
(注7)国民年金に加入している人は不要です。

(4)その年の1月1日に音更町に住民登録がなかった人は、課税所得証明書(前年分)
(注8)所得課税証明書は、その年の1月1日に住民登録があった市町村で取得してください。源泉徴収票等による代用はできません。
また、配偶者が税法上の扶養親族でない場合は、配偶者の所得課税証明書も必要です。
(注9)1月から5月までの月分の児童手当の認定請求書には前々年分の所得課税証明書が必要になります。

(5)請求者のマイナンバーの確認に必要なもの(番号確認書類と身元確認書類の2種類)
1.番号確認書類
・通知カード
・個人番号カード
2.身元確認書類
・1点で可能なもの(公的機関発行の顔写真付き身分証明書)
個人番号カード、運転免許証、パスポート、在留カード、身体障害者手帳など
・2点必要なもの
各種健康保険被保険者証、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、年金手帳など

 このほか、必要により提出する書類があります(児童と別居している、児童が父母以外に養育されている場合など)

届出内容に変更があったとき・次のようなときは手続きが必要です

(1)音更町から他の市町村に転出するとき
音更町で「児童手当受給事由消滅届」を提出し、転出予定日から15日以内に転出先で新たに認定請求書を提出してください。
(注10)受給者が単身赴任などで児童を音更町に残して転出する場合も同様です。

(2)支給対象の児童と別居したとき

(3)支給対象の児童が増えたときや減ったとき

(4)離婚、婚姻、死亡などで養育者が変更になるとき

(5)受給者が公務員になったとき

(6)振込口座を変更するとき(注11)申請者名義の口座への変更に限ります。児童名義の口座への変更はできません。

(7)そのほか児童のいる世帯に変更があったとき

手続きに必要なもの

手続きの内容に応じて必要なものが異なります。詳細は子ども福祉係までお問い合わせください。

児童手当額改定認定請求書(80KB)

児童手当受給事由消滅届(58KB)

児童手当氏名住所等変更届(70.9KB)

児童手当等支払先変更届(87KB)

 印鑑

 金融機関預金通帳の写しなど

請求先

役場子ども福祉課子ども福祉係

音更町元町2番地電話0155-42-2111

木野支所

音更町木野大通西6丁目1番地電話0155-31-2101

現況届

児童手当を継続して受給するために、毎年6月中に現況届の提出が必要です。この届により受給資格を確認します。また、6月初旬に必要書類を受給者様へ送付しますので、必ず提出してください。なお、現況届の提出がない場合は、6月分以降の手当の支給が差止になりますのでご注意ください。

児童手当の考え方にご理解をお願いします

児童手当は、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識を下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭などにおける生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的として支給するものです(児童手当を受給した人には、児童手当の目的にあった使い方をしなければなりません)。
児童の将来の夢はなんですか?児童手当は児童の健やかな育ちのために、児童の将来を考え、有効に活用してください。なお、万一、児童の育ちに関係する学校給食費や保育料などを滞納しながら、児童手当を児童の健やかな育ちと関係のない用途に使うことは、法律の考え方とは違うことになります。児童手当の目的を十分にご理解いただきますようお願いします。

児童手当の寄付について

児童手当の全部か一部の支払いを受ける前に、住んでいる市区町村に寄付することができる制度があります。寄付を希望される人は、お問い合わせください。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部子ども福祉課子ども福祉係
電話:0155-42-2111(内線:534)
ファクス:0155-42-5160