国民年金の加入について

国民年金とは

年をとったときや、病気やけがで障がい者になったり、不幸にも生活の中心者を亡くして収入の道が閉ざされるような状態になったりしたときに、年金を支給して本人か家族の生活を支える制度です。

国民年金に必ず加入する人

国民年金に必ず加入しなければならない人は、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人たちで、次の3種類に分けられます。

第1号被保険者

日本国内に住所のある農業者、自営業者、学生など

第2号被保険者

会社員、公務員など厚生年金保険・共済組合に加入している人

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者(収入が一定額を超えない人)

国民年金に任意加入できる人

60歳になっても受給資格期間(原則10年以上)を満たすことができなかった人がその不足期間を満たすためや、すでに受給資格期間を満たしているが年金額を増やして満額の年金額に近づけたりするために国民年金の任意加入をすることができます。

  • 日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の厚生年金や共済組合に加入していない人(昭和40年4月1日以前の生まれで加入期間が不足している人は、70歳まで)。
  • 海外に在住している20歳以上65歳未満の日本人

(注)いずれも第1号被保険者になります。

国民年金の種別変更の届出

本人や配偶者の就職・転職、結婚などで国民年金の加入種別が変わることがあり、種別変更などの手続きが必要です。手続きをしなかった場合、将来的に年金が受け取れなくなったり、病気やけがが原因で障がいが残った場合や死亡した場合に障害・遺族年金を受け取れないことがありますので必ず手続きをしてください。以下は手続きの一例です。

学生など、厚生年金や共済組合に加入してない人が20歳になったとき

未加入から第1号被保険者になりますので、町民窓口係または木野支所で手続きが必要です。

会社に勤めている夫に扶養されている妻が20歳になったとき

未加入から第3号被保険者になりますので、夫の勤務先で手続きが必要です。

夫が就職して厚生年金や共済組合に加入し、妻がその夫に扶養されるとき

第1号被保険者から第3号被保険者になりますので、夫の勤務先で手続きが必要です。

会社員が60歳になる前に退職したとき

第2号被保険者から第1号被保険者になりますので、町民窓口係または木野支所で手続きが必要です。

妻が会社などを退職し、会社員である夫に扶養されるようになったとき

第2号被保険者から第3号被保険者になりますので、夫の勤務先で手続きが必要です。

夫に扶養されている会社員の妻で、夫が退職したとき

第3号被保険者から第1号被保険者になりますので、町民窓口係または木野支所で手続きが必要です。

受給資格がある会社員が65歳になり、扶養されていた妻が60歳未満のとき

第3号被保険者から第1号被保険者になりますので、町民窓口係または木野支所で手続きが必要です。

収入が130万円を超えるなど、会社員の妻が夫の扶養から外れたとき

第3号被保険者から第1号被保険者になりますので、町民窓口係または木野支所で手続きが必要です。

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部町民課町民窓口係
電話:0155-42-2111(内線:542)
ファクス:0155-32-4162