住民票コードの変更請求

住所地に申し出ることでいつでも、理由を問わず住民票コードを変更することができます。なお、住民票コードは無作為に付番されるため、新しい数字を指定することはできません。

受付場所

・音更町役場町民窓口係(1階、住民票等発行の窓口です。)

・木野支所

受付時間

月曜日から金曜日、午前8時45分から午後5時30分

(注1)毎週火曜日は午後7時まで窓口を延長しています。(休日は除く)

手数料

無料です。

変更請求のできる人

本人か法定代理人以外は申請できません。

(注2)申請人が20歳以上(成年後見人を除く)の場合は、本人による申請の請求が可能です。
(注3)申請人が15歳未満か成年被後見人の場合は、法定代理人による申請の請求が可能です。
(注4)申請人が15歳以上20歳未満の場合は、本人か法定代理人のいずれかによる申請の請求が可能です。

申請方法

窓口に来た人の本人確認できる書類(運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カード・個人番号カードなど)をお持ちください。本人確認書類として住民基本台帳カードまたは個人番号カードを提出した場合は、暗証番号の入力をしてください。また、変更対象者の変更前の住民票コードを申請書に記載していただきます。

別世帯の法定代理人が申請する場合

申請者が15歳未満の人や成年被後見人の人が申請する場合には、法定代理人からの申請が必要となります。本人確認書類のほかに以下のものが必要となります。

・法定代理人であることを証明する書面(戸籍全部事項証明書(謄本)・戸籍個人事項証明書(抄本)など)(町内に本籍のある人は省略できます)

・成年後見人の場合はその事実を証する書類(登記事項証明書)

(注5)住民票コードの変更請求は郵送でも可能です。必要書類を添付し、変更前住民票コードを必ず記入し、申請してください。

変更後の住民票コード通知票のお渡しについて

本人が窓口で申請し本人確認が出来た場合は、窓口で住民票コード通知票を再交付します。それ以外の場合は、対象者本人あてに転送不要の郵便で住民票コード通知票を住民登録地へ送付します。

(注6)住民基本台帳カードを持っている人は、カードを返納していただきます。住民票コードを変更することにより、住民基本台帳カードの運用状況が「廃止」となり使用できなくなります。

住民票コードの変更請求(2KB)

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部町民課町民窓口係
電話:0155-42-2111(内線:542)
ファクス:0155-32-4162