「マイナンバー(個人番号)」について

マイナンバー(個人番号)は、赤ちゃんからお年寄りまで国民一人ひとりに割り振られる12桁の番号で、「社会保障・税・災害対策」分野における申請や届け出をする際に使用する大切な番号です。

平成27年10月からマイナンバーが通知されました

マイナンバーを記載が記載された「通知カード」は、簡易書留で、住民票上の世帯主宛てに同じ世帯の人の分がまとめて送付されました。このカードは、マイナンバーを証明するもので、平成28年1月から個人番号を記載する行政手続きなどで使用されています。「通知カード」は必ず受け取って大切に保管してください。紛失した場合や、まだ受け取っていない場合は、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

(注)「通知カード」は、全国の自治体から委任を受けた地方公共団体情報システム機構(以下「機構」といいます)が国民全員の分を作成し、市区町村長名で発送されています。

マイナンバーの通知封筒には以下の書類が同封されています

  • 「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)交付申請書」

(注)通知カードはマイナンバーカードの交付申請書とともに1枚の紙になっています。

  • マイナンバーカード申請用の返信用封筒

(注)返信用封筒の宛て先は機構になっています。

  • 説明用パンフレット

「通知カード」の見本

通知カード見本

通知カードの上部に記載されている12桁の数字がマイナンバー(個人番号)です。

希望者は「マイナンバーカード」の交付を受けられます

「マイナンバーカード」とは、マイナンバー、氏名、住所、生年月日などが記載された顔写真付きのICカードです。「マイナンバーカード」は本人確認のための身分証明書として利用できるほか、住民票などのコンビニ交付やe-Tax(国税電子申告・納税システム)などの電子申請にも活用することができます。また、行政手続きなどでマイナンバーの提示を求められたときに、通知カードでは、運転免許証など法令で定められた本人確認証明書の提示が併せて必要となりますが、「マイナンバーカード」を持っていれば、カード1枚で本人確認もすることができます。

マイナンバーカードの見本

【表面】

マイナンバーカード見本表面

【裏面】

マイナンバーカード見本裏面

裏面に記載されている番号がマイナンバーです。

マイナンバーカードの申請方法

「マイナンバーカード」の発行を申請するかどうかは任意です。このほか、詳しい内容については、同封の説明用パンフレットまたはマイナンバーカード総合サイト(外部サイトにリンク)をご覧ください。なお、申請書に記載されている申請書IDは、住所を変更したり、氏名が変更になった場合などは使用できなくなります。申請を希望する人には、新しい申請書を町民窓口係または木野支所の窓口で交付します。

郵送の場合

申請書に必要事項を記入し、本人の顔写真(縦4.5cm×横3.5cm)を貼ってから、同封の返信用封筒に入れて機構に送付してください。上部に通知カードが、下部にマイナンバーカード交付申請書がついています。キリトリ線に沿って切り離してから使用してください。

【通知カードとマイナンバーカード交付申請書の表面(左側)と裏面(右側)】

通知カードとマイナンバーカード交付申請書

スマートフォンから

交付申請書のQRコードから申請用ホームページにアクセス。必要事項を入力し、スマートフォンのカメラで撮影した顔写真のデータを添付して送信してください。

パソコンから

交付申請用のホームページ(外部サイトにリンク)にアクセス。画面にしたがって必要事項を入力し、あらかじめデジタルカメラで撮影しパソコンに保存した顔写真を添付して送信してください。

マイナンバーカードの交付について

「マイナンバーカード」の交付は平成28年1月から開始しています。自治体から委任を受けた機構が作成し、市区町村窓口で交付する流れとなるため、交付準備が整い次第、町から交付通知書を郵送します。詳しい受取方法については、「マイナンバーカード」の交付についてのページをご覧ください。

「住民基本台帳カード」(住基カード)について

マイナンバーカードへの移行に伴い、住基カードの発行と住基カード用電子証明書の発行は終了しました。現在、住基カードをお持ちの人は、有効期間内は引き続き使用することができますが、住基カードを持っている人がマイナンバーカードを取得する場合は、その時点で廃止・回収となります。このとき、住基カードのICチップ内に期限(発効日から3年)の残った電子証明書が格納されていた場合は、失効となるので注意してください。

不審な問合せにはご注意ください

町や公共機関から直接マイナンバーを伺ったり、個人情報に関する質問をしたりすることはありません。また、住所確認と称して返信を求めることもありません。マイナンバーは、法律や条例で定められた手続き以外には利用できませんので、マイナンバーをかたった不審な勧誘や個人情報の聞き出しにご注意ください。

出前講座のご案内

町内のグループ(町内会、老人クラブ、サークルなど)を対象としたマイナンバー制度の出前講座を実施しています。希望する場合は、町民窓口係までご連絡ください。

マイナンバー制度のお問い合わせはこちらまで

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)に関する各種お問い合わせに対応するため、マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)が開設されています。

(注)受付時間は平日は午前9時30分から午後8時まで、土曜日・日曜日・祝日は午前9時30分から午後5時30分までですが、年末年始の12月29日から1月3日までを除きます。なお、マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けします。

(注)外国語による利用を希望する人は、0120-0178-27(フリーダイヤル)をご利用ください。

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部町民課町民窓口係
電話:0155-42-2111(内線:542)
ファクス:0155-32-4162