通知カードについて

通知カードはマイナンバー(個人番号)が記載されたカードで、平成27年10月以降に地方公共団体情報システム機構から転送不要の簡易書留で発送されています。あくまで、マイナンバーを通知し、ご自身で確認するためのカードとなりますので、本人確認書類として利用することはできません。

通知カードを持参せずに住民登録・戸籍届出などをしたとき

以下の書類を持参のうえ、町民窓口係または木野支所で手続きをしてください。

転入・転居・戸籍の届け出をした場合

代理人が申請する場合は、以下の追加書類が必要です。

海外に転出した場合・死亡した場合

代理人が申請する場合は、以下の追加書類が必要です。

通知カードを紛失するなどして再交付を希望するとき

以下の書類を持参のうえ、町民窓口係または木野支所で手続きをしてください。

なお、通知カードは窓口で即日再交付することはできません。後日、地方公共団体情報システム機構から転送不要の簡易書留で住民票上の住所宛てに送付されますので、早急にマイナンバーを確認する必要がある場合は、住民票の写し(マイナンバーの記載があるもの)をあわせて請求してください。

(注)通知カードの再交付を希望せず、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を希望する場合は提出不要です。別途、通知カードと一緒に送付される申請書を使用してください。なお、申請書に記載されている申請書IDは、住所を変更したり、氏名が変更になった場合などは使用できなくなります。申請を希望する人には、新しい申請書を町民窓口係または木野支所の窓口で交付します。
(注)遺失届を提出した警察署の連絡先、受理番号と紛失の経緯を記入してください。なお、自宅内で紛失した場合は、紛失の経緯のみ記入してください。
(注)自然災害や火災で失った場合は、罹災証明書が必要です。
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 再交付手数料(500円)
    (注)通知カードの再交付をせず、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を希望する場合は不要です。
代理人が申請する場合は、以下の追加書類が必要です。

マイナンバーが不正に悪用される恐れがあり、変更したいとき

以下の書類を持参のうえ、町民窓口係または木野支所で手続きをしてください。

なお、不正に用いられる恐れがある場合とは、自宅以外で紛失したときや、他人にマイナンバーを悪用される恐れがあるときが該当します。マイナンバーの数字の並び方が気に入らないときや、マイナンバーを知られても悪用される恐れがないと判断できるときは該当しません。

(注)マイナンバーを変更する理由が紛失の場合、上記の「通知カードを紛失するなどして再交付を希望するとき」を参考に紛失の届け出も必要です。
(注)通知カードを紛失していない場合、上記の「住民登録の手続・戸籍の届け出などをしたが、通知カードを持参できなかったとき」を参考に返納の届け出も必要です。

代理人が申請する場合は、委任者の本人確認書類の原本と以下の書類も必要です。

返戻された通知カードを受け取るとき

地方公共団体情報システム機構から送付され、受け取りをせずに保管期間経過となった通知カードは町民窓口係で一定期間保管しています。

以下の書類を持参することで窓口でお渡しすることができます。

代理人が申請する場合は、委任者の本人確認書類の原本と以下の書類も必要です。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部町民課町民窓口係
電話:0155-42-2111(内線:542)
ファクス:0155-32-4162