ふるさと応援寄附(ふるさと納税)制度にご協力を

おおそでくん
 音更町は、住んでみたい、住んでよかったと思える魅力あるまちづくりをすすめています。

 元気な音更の明日に向けて、ふるさと納税制度を活用した寄附金でまちづくりを応援してください。一人でも多くのみなさんのご協力をお待ちしています。

 インターネットを経由し、寄附申込サイト「ふるさとチョイス」で寄附の申し出や、クレジットカードによる寄附金の納付もできます。クレジットカードによる寄附金の納付は、申し出から納付までがインターネット経由で完了しますので、ぜひご利用ください。

 また、音更町以外にお住まいの個人で1回につき1万円以上の寄附をいただいた人に、謝礼品として音更町の特産品を贈呈します。

 年に何回でも寄附することができ、その都度特産品を1点選択することができます。

  • 寄附申込サイト「ふるさとチョイス」音更町のページはこちら(外部リンク)

ふるさとチョイス

 北海道十勝・音更町は、平成28年8月に相次いだ台風の影響により、畑が広範囲で冠水したほか、スイートコーン等の倒伏、屋外スポーツ施設の全面冠水、家屋の床上・床下浸水、多数の倒木、停電による生乳廃棄などの甚大な被害を受けました。

 全国の皆さまからお見舞いや温かい励ましのお言葉を多数いただき、心よりお礼申し上げます。

 一刻も早く復興できるよう、現在、町、町民および関係機関が一丸となって取り組んでおりますので、引き続き音更町へのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 なお、この台風被害により、農作物等の謝礼品の発送が遅れた場合は、何卒ご容赦いただきますようお願いいたします。

ふるさと応援寄附金の年末年始の対応について

 

ふるさと応援寄附(ふるさと納税)制度の概要は

 この制度は、ふるさとを応援したい、貢献したいという思いを寄附金という形であらわすことができるようにしたものです。

 個人が、思いを寄せる都道府県や市区町村に2千円以上の寄附をした場合、2千円を超える寄附金の一定額を個人住民税の税額から控除する制度です。なお、控除を受けるためには、所得税の確定申告か個人住民税の申告が必要です。

控除対象限度額 総所得金額等の30%まで
控除適用下限額2,000円

【税額控除の計算方法】

(1)基本控除分(寄附金額-2,000円)×10%
(2)特例控除分(寄附金額-2,000円)×(90%-所得税の限界税率×1.021)
(1)と(2)の合計が税額から控除されます。
(注)特例控除分は個人住民税所得割額の2割が上限となります。

このほか所得税の所得控除も受けられます。

ワンストップ特例制度

 確定申告が不要な給与所得者等で、1年間(1月から12月)にふるさと納税で寄附をする自治体が5団体以内の場合は、ふるさと納税をする際に寄附先の自治体に申請することによって、ふるさと納税に係る寄附金控除がワンストップで受けられる特例的な制度です。

ワンストップ特例制度の概要(88KB)

(注)次の項目に1つでも該当する人はワンストップ特例制度の対象になりません。確定申告により寄附金控除を受ける必要があります。

  • 1年間(1月から12月)に6団体以上へふるさと納税を行う人
  • 医療費控除などを受ける人や自営業者など確定申告を行う必要がある人

申告特例申請書の提出について

 ワンストップ特例制度を申請するためには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の提出が必要となります。

 なお、マイナンバー制度の導入により、平成28年1月1日から「申告特例申請書」にマイナンバーの記入が必須となり、なりますし防止のため、「マイナンバー確認」と「本人確認」が義務付けられています。申告特例申請書を提出する際は、必ず「マイナンバー確認の書類」と「本人確認の書類」の両方を申請書と一緒に郵送してください。

 平成28年12月28日までに寄附を申し出のうえ申告特例申請書を希望した人には、音更町役場から申請書を送付しますので、必要事項を記入・押印のうえ期限までに音更町役場へ提出してください。

 平成28年12月29日から平成28年12月31日に寄附を申し出た人は、ご自身で申請書様式を印刷し、必要事項を記入・押印のうえ期限までに音更町役場へ提出していただくことになりますので、ワンストップ特例を申請予定の人はお早めに寄附の申し出を行ってください。

 寄附金税額控除に係る申告特例申請書様式(746KB)

(注)確定申告をすることになり、申告特例申請を取りやめる場合も、電話、ファクスまたは電子メールで音更町役場企画課へご連絡ください。

住所や氏名等に変更があった場合

 申告特例申請書を提出後、寄附をした翌年の1月1日までの間に住所や氏名等に変更があった場合は、寄附をした翌年の1月10日までに寄附先の自治体へ「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を提出する必要があります。

 変更があった場合は、次の様式を印刷して必要事項を記入・押印し、音更町役場企画課へ提出してください。

 寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書様式(229KB)

 

確定申告書の作成方法

(注)住宅ローン控除を受けたことなどにより所得税が0円になっていて住民税のみから控除を受ける人は、住民税の控除申告書をお住まいの市区町村に提出する必要があります(詳細は、お住まいの市区町村にお尋ねください)。

寄附金の使いみちは

みなさんからいただいた寄附金は、次のまちづくりに有効に活用させていただきます。
寄附の申し出の際に、寄附金の使いみちを選択してください。

子どもたちの健全育成

まちづくりは人づくりとも言われています。次代を担う子どもたちが健やかに育つための施策に活用します。

活力を育む産業振興

  • 日本の食糧基地として安全・安心な農業振興
  • 働く場の確保に資する商工業の振興
  • 北海道遺産に指定されたモール温泉を核とした観光振興
のための施策に活用します。

景観整備や環境対策

緑豊かな田園風景を未来に引き継ぐために、景観づくりや自然環境の保全のための施策に活用します。

安心して暮らせる福祉の向上

高齢者、障がいのある人などが安心して暮らせる、ぬくもりのある地域社会の創造のための施策に活用します。

上記以外の事業

上記以外の事業で寄附する人の希望する事業に活用します。

特に指定が無いとき

特に使用の指定が無い場合は、町で決めさせていただきます。

寄附の方法は

クレジットカードによる寄附の方法

(1)寄附申込サイト「ふるさとチョイス」で申込者情報や寄附金額を入力し、寄附金の使いみち、納付方法や希望する特産品などを選択します。
寄附申込サイト「ふるさとチョイス」音更町のページはこちら(外部リンク)

ふるさとチョイス

(2)「ふるさとチョイス」と連携している収納処理サイト「Yahoo!公金支払い」に移行し、クレジットカードによる納付手続を行います。
(クレジットカードによる納付は5,000円以上からお願いします。手数料は音更町が負担します。)
MasterCardVISAJCBDinersAMERICANEXPRESS   

(3)納付確認後、音更町から寄附金受領証明書を送付します(3週間から5週間後)。

(4)音更町以外にお住まいの個人で、1回につき1万円以上寄附いただいた人には、ご希望の特産品を送付します。

口座振込による寄附の方法

(1)寄附申込サイト「ふるさとチョイス」で申込者情報や寄附金額を入力し、寄附金の使いみち、納付方法や希望する特産品などを選択します。
寄附申込サイト「ふるさとチョイス」音更町のページはこちら(外部リンク)

ふるさとチョイス

(2)自動配信される受付確認メールで音更町指定の金融機関口座をお知らせします。
(「ふるさとチョイス」で入力していただいたメールアドレスに誤りがありますと受付確認メールが配信されませんのでご注意ください。)

(3)指定の金融機関口座に振込手続をしてください(金融機関所定の振込手数料がかかります)。

(4)納付確認後、音更町から寄附金受領証明書を送付します。

(5)音更町以外にお住まいの個人で、1回あたり1万円以上寄附していただいた人には、ご希望の特産品を送付します。

納付書払い、現金書留、現金持参及び小切手持参による寄附の方法

(1)インターネットで申し出る場合は、寄附申込サイト「ふるさとチョイス」で申込者情報や寄附金額を入力し、寄附金の使いみち、納付方法や希望する特産品などを選択します。
寄附申込サイト「ふるさとチョイス」音更町のページはこちら(外部リンク)

ふるさとチョイス

(2)書類で申し出る場合は、次の寄附申出書を持参されるか、郵送、ファクス、電子メールのいずれかの方法で送ってください。

【提出先】

受付窓口

企画財政部企画課企画調整係(音更町役場2階)

郵送

住所:〒080-0198北海道河東郡音更町元町2番地

宛先:音更町役場企画財政部企画課企画調整係あて

ファクス

ファクス番号:0155-42-2117

宛先:音更町役場企画財政部企画課企画調整係あて

電子メール

kikakuka@town.otofuke.hokkaido.jp

上記の寄附申出書を添付して送信してください。

(2)納付書払いを選択した場合は、寄附申出書受領後、音更町から納付書を送付します。
(納付書払いのできる金融機関は下記のとおり限られますのでご注意ください。手数料はかかりません。)

(3)選択した方法で寄附金を納付してください。
納付書払いの場合は、所定の金融機関の窓口で納付し、金融機関から「払込金受領証」をお受け取りください。
「払込金受領証」は、寄附金受領証明書が届くまで大切に保管してください。

 現金書留の場合は、上記の郵送先あてに郵送してください。
郵送料などは、申し訳ありませんが、寄附する人のご負担とさせていただきます。

 現金持参および小切手持参の場合は、音更町から確認の連絡があった後、上記の受付窓口にお越しください。

(4)納付確認後、音更町から寄附金受領証明書を送付します(約1週間後)。

(5)音更町以外にお住まいの個人で、1回あたり1万円以上寄附していただいた人には、ご希望の特産品を送付します。

納付書払いのできる金融機関

ゆうちょ銀行(または郵便局)、北海道銀行、北洋銀行、北陸銀行、みずほ銀行、帯広信用金庫、北見信用金庫、網走信用金庫、北海道労働金庫、釧路信用金庫、音更町農業協同組合、木野農業協同組合、十勝信用組合

謝礼品の贈呈について

 音更町以外にお住まいの個人で、1回あたり1万円以上の寄附をいただいた人に謝礼品として特産品を贈呈します。
謝礼品は、寄附金の納付確認後、順次発注していますが、入荷の状況により、お届けまでに2か月程度かかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ふるさと応援寄附金の実績について

寄附状況・応援メッセージ

ふるさと応援寄附金の活用事業について

詐欺にご注意ください!

町から直接、電話や戸別訪問で寄附をお願いすることはありません。町を語る詐欺にご注意ください!

寄附募集画像

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場企画財政部企画課企画調整係
電話:0155-42-2111(内線212)
ファクス:0155-42-2117