主な国税

所得税

所得に応じてかかります。

確定申告と納税は2月16日から3月15日までです。

 次のような人は確定申告が必要です。

  1. 事業所得や不動産所得などの年間の合計額が、所得控除の合計額を超える人
  2. 給与の年間収入額が2,000万円を超える人
  3. 2カ所以上から給与を受けた人
  4. 給与所得以外の所得が20万円を超える人

還付申告で税金が戻ります。

毎月の給与から所得税の源泉徴収をされているサラリーマンなどは、次のようなとき税金が戻る場合があります。

  1. 災害や盗難などによって住宅や家財などに損害を受けたとき<雑損控除>
  2. 病気やけが、出産などで一定額以上の医療費を支払ったとき<医療費控除>
  3. 住宅ローンなどを利用してマイホームを新築や購入、増改築などしたとき<住宅借入金等特別控除>

相続税

遺産総額から債務等を控除した「正味の遺産額」が「基礎控除額」を超える場合、かかります。

 申告制限がありますので、亡くなった人の住所他を所管する税務署へお問い合わせください。

贈与税

 個人が年間110万円を超える財産を無償で受けた場合、その額に応じてかかります。

贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までに申告・納税してください。

税務署

帯広税務署

帯広市西5条南6丁目1番地電話0155-24-2161

税務相談室帯広分室電話0155-24-0943(帯広税務署内)

【案内図】
帯広税務署案内図

国の機関などのホームページへのリンク