住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の減額措置について

高齢者・障がい者などが居住する既存の住宅について、バリアフリー改修工事を行った場合、固定資産税が減額されます。詳しくは下記までお問い合わせください。

対象となる住宅

新築された日から10年以上を経過した住宅(改修後の床面積が50平方メートル以上・賃貸住宅は除く)で、平成30年3月31日までの間に下記のバリアフリー改修工事を行った場合、当該家屋に係る翌年度分の固定資産税の3分の1が減額されます(1戸当たり100平方メートルを限度)。

居住者の要件

下記のアからウまでのいずれかに該当する人が、申告時に居住していること。

ア65歳以上の人
イ要介護認定または要支援認定を受けている人
ウ障がいのある人

対象となる工事

下記のアからクまでのいずれかに該当する工事で、補助金や介護保険からの給付金などを除いた自己負担額が、平成25年3月31日までに契約を締結した工事の場合は30万円以上、平成25年4月1日以後に契約を締結した工事の場合は50万円を超えるもの(国または地方公共団体からの補助金等をもって充てる部分を除く)。

ア廊下の拡幅
イ階段の勾配の緩和
ウ浴室の改良
エトイレの改良
オ手すりの取り付け
カ床の段差の解消
キ引き戸への取り替え
ク床の滑り止め化

お問い合わせ先
音更町役場総務部税務課資産税係
電話:0155-42-2111(内線:575)
ファクス:0155-42-2117