住宅の省エネ改修工事に係る固定資産税の減額措置について

既存の住宅について省エネ改修工事(熱損失防止改修工事)を行った場合、固定資産税が減額されます。詳しくは下記までお問い合わせください。

対象となる住宅

平成20年1月1日以前に建築された住宅(改修後の床面積が50平方メートル以上・賃貸住宅は除く)で、平成30年3月31日までの間に下記の省エネ改修工事を行った場合、当該家屋に係る翌年度分の固定資産税の3分の1(長期優良住宅の認定を受けた場合、3分の2)が減額されます(1戸当たり120平方メートルを限度)。

対象となる工事

以下の(ア)と、(ア)とあわせて行う(イ)・(ウ)・(エ)の工事で、当該工事に要した費用が、平成25年3月31日までに契約を締結した工事の場合は30万円以上、平成25年4月1日以後に契約を締結した工事の場合は50万円を超えるもの(国または地方公共団体からの補助金等をもって充てる部分を除く)。

(ア)窓の断熱性を高める改修工事(必ず施工する必要があります)
(イ)天井などの断熱性を高める改修工事
(ウ)壁の断熱性を高める改修工事
(エ)床などの断熱性を高める改修工事

(イ)・(ウ)・(エ)は(ア)の工事に付随して行う工事です((イ)・(ウ)・(エ)の工事だけでは減額の対象にはなりません)。

お問い合わせ先
音更町役場総務部税務課資産税係
電話:0155-42-2111(内線:575)
ファクス:0155-42-2117