災害への備えについて

 音更町では、災害などによる大規模な断水時の飲料水確保を目的として緊急貯水槽の整備を進めています。

緊急貯水槽について

 緊急貯水槽のイメージ図

 被災による断水時に、必要最小限の飲料水を貯水槽内に自動的に確保出来る構造になっており、町内6箇所に設置しています。

 緊急貯水槽は対象地域の方への3日分の飲料水(1人1日3リットル)を供給することが可能で、災害時には地下に埋設された貯水槽から手動ポンプで水をくみ上げて給水します。

 

 

 

 

 

 

緊急貯水槽設置工事の様子

緊急貯水槽(直径2,600ミリ)の設置工事(平成21年度音更中学校)

緊急貯水槽の設置場所について

設置場所

所在地

貯水量

設置年度

音更中学校

雄飛が丘1番地

80立方メートル

平成21年度

緑陽台小学校

字下音更北7線西7番地

70立方メートル

平成22年度

柳町小学校

柳町南区14番地

50立方メートル

平成23年度

木野東小学校

木野東通5丁目6番地

40立方メートル

平成23年度

宝来軽スポーツセンター

宝来仲町北1丁目1番地

70立方メートル

平成24年度

下音更中学校

中鈴蘭南1丁目4番地

80立方メートル

平成25年度

総貯水量

390立方メートル

 

 

緊急貯水槽の設置状況図

お問い合わせ先
音更町役場建設水道部上下水道課水道係
電話:0155-42-2111(内線:384)
ファクス:0155-42-2142