音更町(おとふけちょう)に移住してみませんか!

音更町へ移住・定住を考えている方の不安や疑問にお答えするため「ワンストップ窓口」を開設しています。電話、メールなどで随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

航空写真
  

【移住に関する相談窓口(ワンストップ窓口)】
  ・音更町役場 企画財政部 企画課 企画調整係 
  ・〒080-0198 北海道河東郡音更町元町2番地
  ・電話  0155-42-2111(内線213)
  ・ファックス 0155-42-2117
  ・mail  kikakuka@town.otofuke.hokkaido.jp


 

 

 

音更町(おとふけちょう)はこんなまち!

十勝19市町村

 

音更町は、北海道の広大な十勝平野の中心部に位置し、十勝川を挟んで帯広市の北側に隣接しており、町村の中では全道一の人口を有する活気に満ちたまちです。

基幹産業は農業で、国内有数の生産高を誇る小麦・大豆・小豆・馬鈴しょなど、数々の農産物を生み出す豊かな大地と、北海道遺産に選定された世界でも珍しい「モール温泉」が湧き出す十勝川温泉があり、四季を通じて訪れる観光客で賑わいます。

豊かな自然環境と都市の魅力を活かし、町民と協働のまちづくりに取り組んでいます。

 


 

 

農村部航空写真   十勝川温泉 モール温泉   十勝大橋と木野市街南側航空写真

特産品や観光、イベントなどの情報はこちら


   ・まちのイベントなど
   ・まちの特産品(特産品などを紹介。ネット販売もしています。)
   ・十勝川温泉観光協会のホームページ(十勝川温泉と地域イベントを紹介)
   ・十勝ネイチャーセンター(四季を通じて大自然が満喫できるアトラクションが満載 有料)

音更町の気候について

夏は、短い期間ですが日中は気温が30度を越える日もあります。しかし、夜は気温が下がるため過ごしやすく寝苦しいということはありません。

牧場と青空   鈴蘭公園の桜

冬は、特に1月から2月中旬までは強い寒さが続き、マイナス15度以下となる日もあります。このような日が続く場合は、水道の凍結に注意が必要ですが、最近の住宅は、断熱材や二重ガラスなどを使用し、断熱性・気密性に優れていますので、家の中では温かく過ごすことができます。
降雪量は、北海道の中でも少ない方ですが、近年はまとまった降雪(20センチから30センチ)が年に数回あります。

十勝晴れ   早朝の十勝川と白鳥   樹氷と十勝大橋  

1年をとおし、過ごしやすく、季節の変化が美しいので四季を十分に楽しむことができます。

白樺並木   ハナック「十勝が丘公園」   スノーモービル

まちの人口や面積、気候などのデータはこちら

   ・町の概要
   ・音更町統計書


音更町のくらし

市街地には、スーパーや飲食店、コンビニエンスストアなどの商業施設や医療施設、社会福祉施設が充実しており、日常の生活環境が整っています。路線バスのほか、誰でも100円(小学生は半額、小学校入学前のお子様は無料)で乗降できる「コミュニティバス」が町内を巡回し、買い物や通院、公共施設などへの移動に多くの人が利用しています。
また、町内には、図書館や体育館、温水プールのほか、野球場やソフトボール場、テニスコート、パークゴルフ場などさまざまな体育施設があります。

航空写真   コミュニティバスパークゴルフの風景

くらしに関する情報はこちら

   ・くらしに必要な手続きなど
   ・音更町コミュニティバスについて
   ・音更町イエローページ
   ・町内の主な生涯学習施設について
   ・町内の病院について(日本医師会のホームページにリンク)
   ・町内の一般診療所について(日本医師会のホームページにリンク)
   ・町内の介護施設等について(日本医師会のホームページにリンク)
   ・十勝バス株式会社のホームページ
   ・北海道拓殖バス株式会社のホームページ

アクセス

道東自動車道、国道241号、帯広北バイパスを基幹に道路網が発達しており、また、「帯広駅(JR)」や「とかち帯広空港」にも近く、十勝管内はもちろん札幌や東京への移動が大変便利です。


アクセス

【自動車】
   ・帯広駅から音更市街まで・・・・・・・約15分以内
   ・とかち帯広空港から音更市街まで・・・約40分
   ・札幌南ICから音更帯広ICまで・・・約2時間40分

【JR】
   ・札幌駅から帯広駅まで・・・約2時間40分

【都市間バス】
   ・札幌駅から帯広駅まで(音更市街地からも乗降可)・・・約3時間50分

【飛行機】
   ・羽田空港からとかち帯広空港まで(1日7便)・・・約1時間30分

 

 

仕事情報

帯広市内の、公共の職業相談・就職支援の窓口を紹介します。
   ・ハローワーク帯広のホームページ(ハローワーク帯広で受理された求人が掲載されています)
   ・ハローワークインターネットサービス(全国の求人が確認できます。)
   ・ジョブ・ジョブとかち(U・Iターンなどによる再就職希望者への支援を)

 

住宅情報

空き地・空き家などの住環境に関する情報は、町ホームページ「音更町空き地・空き家バンク制度」から発信しています。
また、住宅改修などの補助もあります。
   ・音更町空き地・空き家バンク制度について
   ・住宅などへの補助について
   ・公営住宅について

 

子育てについて

子育てにおけるさまざまな負担を軽減するため、出生前から乳幼児期、就学後まで、切れ目のない支援を行っています。また、子育てに対する不安や孤立感を和らげることを通じて、子どもをのびのびと安心して育てられる子育て支援制度があります。
   ・音更町子育てガイドブック
   ・医療費等の助成について
   ・各保育園、子育て支援センター紹介
   ・子育て世帯向け民間賃貸住宅家賃補助制度について

音更町内には、小学校13校、中学校5校、高校1校、短大1校が設置されており、小・中学校は全校自校給食方式を取り入れ、地元の食材を使った温かくて美味しい給食は児童生徒に大人気です。また、区域外からの児童を受け入れる小規模特認校制度を実施しているへき地の小学校もあります。
   ・入学について
   ・小・中学校のページ
   ・音更高等学校のホームページ 
   ・帯広大谷短期大学のホームページ

 

音更町で起業を考えている方

音更町で事業展開を考えている方は、次のような支援制度などがあります。(詳しくは、次のリンクページを確認してください。)
   ・商工業振興資金のご案内
   ・空き店舗活用事業のご案内
   ・音更町産業振興支援補助金のご案内
   ・北海道よろず支援拠点(HPにリンク:十勝管内で起業などを考えている方の相談窓口)
   ・音更町商工会のホームページ

 

その他 音更町以外での助成制度や移住・定住に関するお知らせ

(お知らせ)  商船三井フェリー『船でゆったり移住割引』、津軽海峡フェリー『フェリーでらくらく移住割引』について

音更町へ移住を検討されている方で下見などのため来町される場合、音更町役場のワンストップ窓口である企画財政部企画課へ来訪されることを条件として、次のフェリー割引制度が利用できます。

   ・商船三井フェリー「船でゆったり移住割引」について (257KB)
   ・津軽海峡フェリー「フェリーでらくらく移住割引」について (213KB)

 

移住・定住の関連サイト

北海道移住まるごと情報サイト「SHIFT LIFE北海道」へリンクします  北海道移住促進協議会のホームページにリンクします JOIN(移住・交流推進機構)のHPへのリンク

十勝圏複合事務組合のページにリンク 

 

問合せ先

音更町役場企画財政部企画課企画調整係
電話:0155-42-2111(内線212)
ファックス:0155-42-2117

ページの先頭に戻る