木造住宅の耐震診断・耐震改修の補助をします

音更町は、平成20年度に「音更町耐震改修促進計画」を策定しました。この計画は、近年、大規模な地震が頻発し、いつどこで起きてもおかしくない状況にあることから、地震による生命や財産の被害を軽減させ、安心して生活ができるまちづくりを進めることを目的としています。

このことから、木造住宅の耐震化を促進するために、居住している住宅の耐震診断や耐震改修の費用の一部を補助します。

補助制度のご案内(パンフレット) (1908KB)

 

耐震診断補助

補助の対象

(1)木造の戸建住宅(併用住宅で床面積の2分の1以上が居住用のものを含む)で昭和56年5月31日以前に着工した地上2階建てまでのものであること。

(2)所有者が居住していること。

(3)建築基準法その他関係法令に違反していないこと。

(4)所有者(当該建築物が共有の場合は共有者を含む)が町税(国民健康保険税を除く)を滞納していないものであること。ただし、町長が特に認めたときは、この限りでない。

(5)過去に耐震診断補助金の交付を受けていないこと。

補助額

3万円(診断費が3万円未満の場合はその額)

(注)1000円未満は切捨て

補助対象経費

耐震診断技術者が行う耐震診断に要する経費

耐震診断手続きの流れ (189KB)

 

耐震改修補助

補助の対象

(1)木造の戸建住宅(併用住宅で床面積の2分の1以上が居住用のものを含む)で昭和56年5月31日以前に着工した地上2階建てまでのものであること。

(2)所有者が居住していること。

(3)建築基準法その他関係法令に違反していないこと。

(4)所有者(当該建築物が共有の場合は共有者を含む)が町税(国民健康保険税を除く)を滞納していないものであること。ただし、町長が特に認めたときは、この限りでない。

(5)耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と診断されたものであること。

(6)過去に耐震改修補助の交付を受けていないこと。

補助額

耐震改修工事費が20万円未満の場合はその額

耐震改修工事費が20万円以上、200万円未満の場合は20万円

耐震改修工事費が200万円以上の場合はその額の10%で30万円を限度

補助対象経費

耐震改修工事費、耐震改修工事の実施による付帯工事(外壁、屋根の更新、断熱改修等を含む)の経費

(注)増築、リフォーム、グレードアップによる内外装の復旧は補助の対象になりません。

耐震診断改修手続きの流れ (235KB)

 

耐震改修促進税制

耐震改修を行うことで、所得税の特別控除や固定資産税の減額措置を受けることができます。

所得税の控除

自分の居住用の家屋(昭和56年5月31日以前に建築されたものに限ります)の耐震改修を行った場合には、住宅耐震改修に要した費用の額とその住宅の耐震改修に係る標準的な工事費相当額のいずれか少ない金額の10%相当額(最高20万円、100円未満の端数切捨て)を所得税から控除することができます。

固定資産税の減額

昭和57年1月1日以前からあった住宅で、一定の耐震改修を行った場合には、その住宅に係る固定資産税額(1戸当たり120平方メートル相当分まで)の2分の1を、次の期間減額することができる場合があります。

・平成22年から24年までの改修  2年間

・平成25年から27年までの改修  1年間

所得税については帯広税務署(電話:0155−24−2161)、固定資産税については役場資産税係(内線575・576)へお問い合わせください。

補助対象経費

耐震診断技術者が行う耐震診断に要する経費

ダウンロード

音更町耐震改修等補助申請書等様式 (107KB)

音更町耐震改修促進計画(概要版) (1396KB)

音更町耐震改修促進計画 (5070KB)

音更町耐震改修等補助要綱 (235KB)

住宅耐震改修証明書 (184KB)

ゆれやすさマップ (1391KB)

 

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Readerのダウンロード

問合せ先

音更町役場建設水道部建築住宅課建築係
電話:0155-42-2111(内線:323)
ファックス:0155-42-2142

 

ページの先頭に戻る