質問ごみの分け方・出し方(燃やすごみ)についての質問

回答

草ごみ・枝木はどうすればよいですか。

草ごみに土などがついている場合、土砂や石はごみではありませんので、よく払って草ごみだけを「燃やすごみ」(有料:指定ごみ袋、以後省略)として出してください。その時、袋の重さは10kgぐらいまでを目安にしてください。
枝木は、太さが5cm以下の場合は「燃やすごみ」として出すことができますが、枝木の長さはお使用する指定ごみ袋の高さを超えないように切り揃えて袋に入れるか、指定ごみ袋を切り開いて袋の高さを超えないように枝木に巻き付けて出してください。巻き付けられる枝木の量は、切り開いた袋の端と端が接することで袋に入ったものと見なしますが、1袋あたりの重さは10kgぐらいを目安にしてください。
枝木の太さが5cmを超える場合、20cmまでは「大型ごみ」(有料:ごみ処理券、以後省略)の取り扱いとなりますが、長さは2mまでと制限されています。
大型ごみの場合、大型ごみ受付センターに電話で収集の申し込みをしてください。

カーペットやじゅうたんは、丸めて折りたたんで出しても良いですか

カーペットやじゅうたんは、折り畳んで指定ごみ袋に入りきれば「燃やすごみ」として出すことができます。
ただし、1袋あたりの重さが概ね10kgを超える場合や、袋に入りきらない大きさの場合は「大型ごみ」となります。

お問い合わせ先
音更町役場町民生活部環境生活課環境生活係
電話:0155-42-2111(内線562)
ファクス:0155-42-5160