質問固定資産課税台帳の閲覧制度とは何ですか

回答

自分の固定資産(土地・家屋・償却資産)について、固定資産課税台帳に記載された事項(価格や課税標準額など)を固定資産課税台帳の閲覧で確認できる制度です。

期間

  • 開庁日の午前8時45分から午後5時30分まで

場所

  • 税務課資産税係

手数料

  • 1所有者1回につき200円(4月1日から最初の納期限の日までは無料)

閲覧できる人

  • 納税義務者、その同居の家族、納税管理者と代理権を有する代理人など、固定資産の課税に対して直接関係が有る人

必要な書類

  • 固定資産課税台帳を見るときには、閲覧できる人であることを確認しています。納税通知書か運転免許証や健康保険証など本人であることが確認できるものをお持ちください。
  • 閲覧する人が「代理人」の場合
    委任状と代理人自身の運転免許証や健康保険証などが必要です(法人の場合は、委任状に代表者印を押印してください)。

なお、借地人、借家人、固定資産の処分をする権利のある人も、運転免許証や健康保険証など本人であることが確認できるものと不動産賃貸借契約書など、関係が分かるものがあれば、閲覧を行うことができます。

お問い合わせ先
音更町役場総務部税務課資産税係
電話:0155-42-2111(内線:575)
ファクス:0155-42-2117