質問固定資産の評価替えとは何ですか

回答

固定資産税は、その価格すなわち「適正な時価」を課税標準として課税されるものです。したがって、本来なら毎年評価の見直しを行い、「適正な時価」にもとづき課税を行うことが、納税者の皆さんの税負担の公平性を保つことになります。
しかし、膨大な量の土地・家屋を毎年見直しすることは、事実上不可能であることや、事務の簡素化やコストの最小化の観点から、土地と家屋については3年ごとに評価額を見直す制度がとられています。
なお、土地については平成9年度以降、地価の下落が認められ、価格を据え置くことが適切ではないときは、簡易な方法によって評価を修正することができ、音更町も平成9年度以降、毎年度修正しています。

お問い合わせ先
音更町役場総務部税務課資産税係
電話:0155-42-2111(内線:575)
ファクス:0155-42-2117