東士幌小学校をとりまく地域の歴史


 明治33年、岐阜県人田中倉吉氏が、士幌川を遡江して字東6線64番地(今の高橋健児氏宅付近)に初入植して以来、白木清治氏、野村喜三郎氏、白川勝太郎氏らが続々と入植。年々、開拓者の数は増えていったが、当時辺り一面が鬱蒼たる原始林で、牛馬はおろか人の行き交う道もなく、わずかに動物の足跡を求めたり、ヤチボウズを踏んで湿地の中に早道を尋ねたり、或は、渓流を渡るに樹木を投棄するなどして原野開拓の日々は進められていった。

 現在の12号道路など音更に通ずる道は全く無く、人々は士幌川沿いに木野市街、或は帯広に通行するだけであった。そして、ヤチダモなどの密生した湿地帯を避けて乾燥地に開墾の場を求めれば、そこには柏などの老樹生い茂り、開拓者はそうした原始林を分け入って、樹木を伐採しながら畑地を広げていった。

 寒冷地にくわえて、ガスの立ち込める年が少なからず、殆ど無収穫の年も幾度か数え、あまつさえ、文化文明の恩恵から遠く隔絶された荒野での苦闘は精神的肉体的に計り知れないものがあった。しかし、歳月を経るに従い、嘗ての人跡未踏の原野に、人馬の往来激しくなり、随所に見られたバッタ塚も影を失い、12号道路が明治41年に開通するや、交通は便となり畑地は、広漠として道路、橋は、整備され、雑穀の生産は上昇する一方で、小学校明治39年、お寺明治45年、神社大正4年、駐在所大正11年(昭和42年廃止)、郵便局昭和5年、商店、保健所などが現在の東士幌市街に建てられるに及んで入植者の生活が潤され孤立的生活から次第に社会的形態組織を持つに至った。土功組合、部落連合会、実行組合、協同組合、衛生組合、警防団などの組織の編成は、それに一層の拍車をかけ、部落の発展に寄与するところ大であった。

 なお、水稲は下士幌増田立吉氏より苗15把貰い受けて試作したが、その年は実らず、さらに明治37年、石井初次郎氏、田中万作氏、野村喜三郎氏らが、試作を重ね、ついに玄米少々を収穫するに至ったのが水田の始まりである。また、同年、白川勝太郎氏が試みに畑に過燐酸を施し、その効能素晴らしく畑作農業への自信と希望を与え、開拓への功労大なるものがあった。

東士幌小学校の沿革

1生い立ち

 学校の産声は、明治38年、野村喜三郎宅であげられた。土曜の午後と日曜の午前だけの寺子屋授業で、4名の生徒が、音更第一教授所の明神新蔵先生から読み書きを習ったとされている。明治39年4月、中士幌東簡易教育所となり、同年8月、12坪半の掘建て小屋が建てられ、校名も音更第八簡易教育所と変更し、学校が誕生した。後に中士幌郵便局長を勤められた大塚熊三郎氏が、通いで教鞭をとられた。燕麦がらを敷いた教室の真ん中に炉を仕切り、焚火をしながらの授業であった。石油箱が机、石盤を使っての書き方、そろばんで19名の生徒が学んだ。

明治41年、現在位置に校舎が建てられ、翌年教員住宅が併置されて、ようやく学校としての体裁が整えられた。

 

2校名の変遷

明治39年4月25日中士幌東簡易教育所

明治39年8月18日音更第八簡易教育所

明治43年4月8日音更第八尋常小学校

大正3年9月3日東中士幌尋常小学校

大正4年12月25日東士幌尋常小学校

大正14年3月25日東士幌尋常高等小学校

昭和16年4月1日東士幌国民学校

昭和22年4月1日東士幌小中学校

昭和27年4月1日東士幌小学校

 (中学校は稔、協和中学校に統合)

 

3東士幌小学校の歩み

明治38年4月寺子屋授業開始児童4名

 39年4月中士幌東簡易教育所として学校設立

 8月音更第八簡易教育所と改名校舎を東5線に建築

 41年4月新校舎を東4線現在地に建築

 43年4月音更第八尋常小学校と改名

大正3年9月音更町東中士幌尋常小学校と改名

 4年12月音更町東士幌尋常小学校と改名

 6年9月校庭に御真影奉置所(奉安殿)を設置

 14年3月高等科を併置し、東士幌尋常高等小学校と改名

昭和11年11月校庭に二宮尊徳像建立

 12年4月学校後援会設立

 12年12月新校舎落成

 16年4月東士幌国民学校と改名

 11月二宮尊徳像告別式(12月太平洋戦争始まる)

 19年8月田村惣太郎氏、学校用石炭運搬中に自動車に驚いた馬車とともに転落死、学校葬を実施

 22年4月学制改革、6・3制実施

 5月東士幌中学校開校

 24年2月子供銀行開始

 10月村内中学校野球大会にて優勝

 26年9月学校植林コンクール入賞(第2位)

 27年1月全道植林コンクール表彰式

 3月新設中学校へ統合のために東士幌中学校廃止

 管内学校植林モデル校に指定

 29年11月管内学校花壇コンクール優秀校として表彰される

35年12月東士幌消防団によりスケートリンク造成始まる

 36年6月親子2代卒業記念に門柱寄贈を受ける

 12月学校給食開始

 37年2月学校植林コンクール環境緑化の部第2位入賞札幌市で受賞

 11月温食給食開始

 39年12月大凶作、冷害見舞い物資到着

 40年11月屋内体育館落成

 41年2月電話機新設

 5月子供郵便局表彰

 45年12月新校舎落成

 46年4月築山池造成、庭石配置

 47年5月子供郵便局郵政局長表彰

 48年6月温室完成

 50年4月開校70周年記念式典

 9月開拓記念碑除幕式

 51年7月プール完成

 54年4月葭原小学校統合

 55年4月音更複式教育研究実践指定校

 56年11月音更複式教育研究実践授業公開

 60年6月校旗入魂式(開校80周年記念)

 11月スキー場完成

 61年4月本校卒業生今年度より駒場中学校に進学

 62年12月グラウンドに照明設置

 63年2月教育講演会(シャーリー・K・梨木氏)

 11月車庫設置(散水車・ジープ用)

平成3年10月子供郵便局知事より表彰を受ける

 11月音更町教育研究会複式部会当番校

 5年3月体育館改築落成

 6年1月旧校舎改築、現校舎大規模改築落成

 12月大規模外構工事完了、校舎改築落成記念式典・祝賀会開催

 新郷土資料室展示再開

 7年5月音更高等学校との交流学習開始

 9年10月十勝管内へき地・複式教育研究大会

 北部方面複式教育研究大会

 13年9月音更町学校教育研究大会

 11月租税教育推進校帯広税務署長賞受賞

 16年2月おびひろ児童版画コンクール優秀学校賞受賞

 17年1月コンピュータ更新設置

 2月おびひろ児童版画コンクール審査員特別賞受賞

 10月開校100周年記念ミニ公開研究会兼北部方面複式教育研究大会開催

 18年2月開校100周年記念式典・祝賀会開催

 19年5月2世紀記念親子記念植樹

 20年5月2世紀記念親子記念植樹(桜の木)とネームプレート

 20年9月音更町学校教育研究大会(小学校複式校会場)

9月東士幌保全会との連携による環境学習開始

 21年5月PTAによる「ひまわりプロジェクト」開始

6月音更町図書館との連携によるブックフェスティバルの開催

 22年7月職員室耐震工事

 8月教育実習生受け入れ<教育大学釧路校2名札幌校1名>(9/3まで)

 23年9月環境学習(藍染め体験)

 10月租税教室

 24年2月防災教室(東士幌地区自主防災会主催)

 7月環境学習[然別湖ヤンベツ川たんけん・士幌川たんけん(9月)]

 10月収穫フェスティバル開催

25年6月バス遠足(白雲山登山)
26年10月収穫フェスティバル開催

27年3月特別支援学級教室改修工事完了

 4月特別支援ひまわり学級開設

 5・6年詩教室を図工室に移設

 5月校庭東側斜面に桜の苗木25本植樹

 10月音更町複式教育連盟研究大会会場校