学校教育目標

1.学校教育目標

教育目標

 ○やさしい子(徳協力する態度・思いやりの心・情操・自然愛等の育成)

 ○かしこい子(知思考力・判断力・表現力・解決への積極的思考の育成)

 ○つよい子(体心身の鍛錬・基本的生活習慣・健康安全の習慣の育成)

2.経営を進めるにあたって


 A.テーマ

心も体もたくましい子の育成

 地域とともに歩む東士幌小学校


 B.経営を進めるにあたって


教育の目的は、人格の完成を目指す(教育基本法)行いであり、小学校は心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育のうち基礎的なものを施すことが求められている。具体的には、基礎的な知識及び技能を習得させるとともに、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力その他の能力をはぐくみ、主体的に学習に取り組む態度を養うことに、特に意を用いなければならない(学校教育法)とされている。

 ひるがえって、子供達の置かれた現状を見渡せば、少子高齢化、人的・物的交流のグローバル化、知識基盤社会の到来、次々と打ち出される教育改革・・・・・・。教育は、将来を見通すことができない混沌とした状態におかれている。また、喫緊の課題として「確かな学力の定着」「豊かな心・健やかな体の育成」「信頼される学校づくり」等々が浮かび上がってくる。

 このようなときこそ、「流行」に惑わされることなく教育の本質を見極め、「不易」をしっかり押さえた学校教育を行わなければならない。

 学校の主人公はあくまでも一人ひとりの子供であり、学校があるから子供がいるわけではない。学校は「自ら学ぶ意欲」や「確かな学力」を育む教育課程の編成に努め、一人ひとりに成就感や学ぶ喜びを味わわせる授業の創造に努めなければならない。

 また、教育は人と人とのふれ合いであり、そのふれ合いは常に信頼と愛情に満ちたものでなければならない。どの子も生かし、心の居場所となる学年・学級経営が学校教育の基盤である。

 さらには、「教育は人である」といわれるように、直接子ども達の教育に携わる教師には、高い識見と望ましい人格が求められている。これらは、教師自身の不断のたゆまぬ研修によってのみ培われるものである。学校における研修は、その成果が日常の教育実践に還元され、子供達の変容につながるものでなければならない。

 心豊かで逞しい子供を育てるためには、学校の教育機能を十分に発揮するとともに、地域に根ざした学校教育が進められなければならない。家庭・地域社会の思いや願いを的確に把握し、教育共同体として学校・家庭・地域社会との連携に努めなければならない。

 以上のことをふまえ、心豊かで失敗を恐れず逞しく生きる力を持った子供の育成のために、「愛に包まれ、活力に満ち溢れ、夢の実現する学校」の創造に向け学校経営を推進する。

C.目指す子ども像


 ◎心豊かで、何事にも失敗を恐れず立ち向かうたくましい子ども


 (1)元気良くあいさつのできる子

 (2)自分の考えをはっきり表現できる子

 (3)汗を流すことに喜びを感じる子

 (4)自分を大切にすると同じだけ友だちを大切にする子


D.目指す学校像


 ◎「愛に包まれ、活力に満ち溢れ、夢の実現する学校」の創造

 地域とともにあゆむ東士幌小学校


 (1)子どもの夢が実現する学校

 (2)保護者・地域に信頼される学校

 (3)教師にとって生きがいのある学校


E.目指す教師像


 ◎教師力のある教師


 (1)心身ともに健康で明るく、人間性豊かな教師

 (2)子どもの心を感ずる教師

 (3)保護者の願いを聞き、信頼される教師

 (4)不易と流行をしっかりおさえ、向上心のある教師