東士狩小学校とは

あゆみ


東士狩の開拓は、明治30年に富山県より西島要次郎らが入植したのが始まりです。そして明治33年、東士狩地区で5名、矢部地区で6名の子どもを集め、それぞれ寺子屋を開設したのが本校の始まりです。
今年度、開校113年目を迎えています。

明治33年 1900 寺子屋風教育始まる
 34年 1901 東士狩簡易教育所として認可。現在地に位置指定される
 36年 1903 部落寄付による校舎新築
 41年 1908 音更第5教育所と改称する
 43年 1910 音更第5尋常小学校と改称する
大正3年 1914 東士狩尋常小学校と改称する
 15年 1926 高等科を併置し、東士狩尋常高等小学校と改称する
昭和12年 1937 新校舎落成式
 16年 1941 東士狩国民学校と改称する
 22年 1947 東士狩小学校と改称する。東士狩中学校を併置する
 25年 1950 開校50周年記念式典挙行
 26年 1951 併置の中学校を廃止する
 54年 1979 開校80周年記念式典挙行
 58年 1983 高倉小学校を統合する
 59年 1984 屋内体育館完成
 61年 1986 鎮錬小学校を統合する
平成5年 1993 新校舎(現在の校舎)完成
 12年 2000 開校100周年記念式典挙行
25年 2013 第112回卒業式(卒業生総数1753名)