学校経営の基本

教育の理念

 人間尊重の精神を基盤としながら、時代を超えて変わらぬものと時代と共に変化していくものを見極め、子供たちが自然や自分の周りの人を大切にし、明るく和やかな世界の形成者になるため、心身共に元気で、思いやりの心を育てる教育を創造する。

教育目標(めざす子どもの姿)

歴史の故郷に生まれ、自然とともにたくましく育つ

 ○じょうぶで明るい子ども

 ○仲よく助け合う子ども

 ○わかるまでやりぬく子ども

 ○美しいものを大切にする子ども

 ○進んで仕事ができる子ども

めざす学校の姿

保護者や地域の期待と信頼に応える学校

◎子どもにとって「笑顔で登校、笑顔で下校できる学校」

 ・一人ひとりの個性が生かされる

 ・いろいろな事に挑戦できる

◎保護者・地域にとって「子どもが安心して通える信頼できる学校」

 ・訪問しやすい学校

 ・願いや思いを受け止める

◎教職員にとって「お互いに信頼でき、元気に働ける学校」

 ・信頼感のあるチームワーク

 ・双方向のコミュニケーション

めざす教師の姿

研修は厳しく、人間関係は温かく

組織として

 ○全教職員で全校児童を育てる

 ○「報告・連絡・相談」を大切に

 ○情報の共有化と共通行動

 ○教師自身の個性も生かしながら

個として

 ○教師力・人間力を更に伸ばす

 ○教師としての自覚と教育愛

 ○子どもから学ぶ姿勢

 ○お互いの言葉に耳を傾ける