学校評価から見えてくるもの

保護者アンケートから

◇高めに評価された設問

  • 早寝・早起きの励行などを通じて、基本的な生活習慣が定着している。
  • 特別支援教育の意義やねらいについて、広く地域や保護者に説明を行っている。
  • 特別支援教育の推進に向けて、学校全体としての指導を行っている。
  • 学校の教育活動について、広く地域や保護者に公開し説明を行っている。

◇低めに評価された設問

  • 学校生活全体を通して、友達への思いやりが育っている。
  • 問題行動等に対して、学校全体としての対応を行っている。
  • 学校や学級目標の達成に向けた指導を行っている。

教師の自己評価から

◇高めに評価された設問

  • 移行措置など教育課程に関わる事項
  • 特別支援教育の推進に関わる事項
  • 事務や経理に関わる透明性に関わる事項

◇低めに評価された設問

  • 子ども達の思いやりに関わる事項
  • 早寝・早起きなどを通した基本的な生活習慣に関わる事項
  • 子ども達の集団行動や社会性と学校の学校の組織的な対応に関わる事項

考察

 詳しくは次ページのグラフで見ていただきたいが、「思いやり」や「問題行動と社会性」等については、保護者も教職員も共に課題があると指摘している。確かな学力とともに豊かな心の育成に向けて、組織的な学校の取り組みを強化しながら、「心の教育の推進」を具体的に進めていくことが求められる。

※問題行動や社会性に関わっての指摘は、前年度の学校評価でも改善の必要性が指摘されている。合わせて、友達への思いやりについては「表現する力」の育成と絡めて、今年度の重点課題としてきた。しかし、いまだ納得できるような評価が得られない現状が見えている。今後は、「心の教育」の視点からの取り組みを強化し継続的に進めていく。

※特別支援教育の推進に関わっては、高く評価していただいている。また、学校の教育活動について公開と説明がされているとの点については、今後も努力を続けていきたい。

グラフ1

グラフ2