学校の沿革

 

 

 

昭和22年5月

音更村立音更中学校開校

昭和24年4月

音中父母と先生の会、小学校と分離独立

昭和24年5月

校旗制定

昭和28年7月

町制施行、音更町立音更中学校と改称

昭和29年2月

校歌制定

昭和31年8月

職業指導優秀校として道より表彰を受ける

昭和37年12月

体育館新設(220坪)

 

開校15周年記念祝賀行事開催

昭和29年9月

全道放送研会場校

昭和39年11月

完全給食開始

昭和42年10月

新制中学校施行20周年記念

 

野球部顕彰状を受ける

昭和44年4月

駒場中学校南中士幌分教室の新1年生から吸収統合

 

管内学力向上研究指定校

昭和45年8月

全道野球大会優勝

昭和45年10月

全道学校体育研究会場

昭和47年4月

3校(音更・中音更・大牧)が統合音更中学校として発足(普通学級12、特学2)

昭和47年11月

新校舎二期工事完了、全校移転

 

道東計算尺大会優勝

昭和48年3月

統合第1回卒業式

昭和48年12月

校舎建築完成、体育館引渡式

昭和49年4月

万年・上然別・稔中学校統合

昭和49年9月

旧音更中閉校式、統合校舎落成式

 

新校舎所在地を「雄飛が丘」と命名

昭和49年10月

管内中学校教育課程研会場

昭和49年11月

管内進路指導研会場

昭和50年4月

協和中統合、統合音更中学校としての計画完了(普通学級15、特学1)

昭和50年10月

全道特学研会場校

昭和50年11月

管内サークル合同研会場校

昭和51年6月

正門完成(50年度卒業生寄贈)

昭和52年8月

全国陸上競技大会出場

昭和53年6月

築山、池周囲造成完了(PTA)

昭和54年10月

全道進路指導研会場

昭和55年5月

東北海道剣道大会女子優勝

昭和57年7月

管内PTA研会場

昭和58年2月

全国中学校スケート大会2名入賞

昭和58年4月

四校(西中、南中、東中、上然別中)駒場中学校へ通学域変更(新1年生のみ)

昭和58年8月

岩石園造成(PTA)

昭和58年9月

町営グラウンドを音更中学校へ移管

昭和58年10月

管内公開研(柔道)会場

昭和59年1月

全道中学スケート大会男子総合優勝

昭和59年2月

全国中学スケート大会3名入賞、女子総合7位

昭和59年8月

グラウンド全面改修(夜間照明)

昭和60年1月

全道中学スケート大会女子2000Rで優勝

昭和60年2月

全国中学スケート大会3名入賞、女子総合5位

昭和60年10月

校舎前通路舗装全面改修

昭和60年11月

小さな公開研開催(校長講演)

昭和61年1月

全道中学スケート大会女子総合優勝、男子3位

昭和61年2月

全国中学スケート大会女子総合準優勝

昭和61年4月

豊田小・南中士幌小を駒場中学校へ通学区域変更

昭和62年10月

AV教材型CAIシステム導入、放送室・視聴覚室施設整備の改善

平成元年4月

管内研究指定校を受ける

平成元年11月

通学路の改修(舗装)

平成元年12月

公開研究会開催(校長講演)

平成3年12月

公開研究会開催

平成4年10月

全道放送研、全道技家研開催

平成5年2月

管内教育実践表彰を受ける

平成6年8月

CAIACETI(Towns)システム導入(更新)

平成7年7月

グラウンド西側フェンス改修(PTA)

平成8年7月

自転車小屋増設作業

平成9年11月

開校50周年記念式典・祝賀会

平成10年7月

テニスコート防球ネット改修(PTA)

平成11年8月

全国中学バスケットボール大会出場

平成13年1月

全道中学スケート大会女子リレー優勝

平成13年8月

全道卓球大会女子個人3位

平成14年1月

全道スケート大会女子2000リレー2位

平成19年7月

全道女子ソフトボール大会37年振り出場

平成19年8月

全道男子バレーボール大会3位

平成21年2月

全国スケート大会(長野)女子2名出場

平成21年9月

全道新人陸上大会男子走幅跳1位

平成22年8月

全道ジュニア陸上大会男子走幅跳2位、卓球部(男子)全道大会団体戦5位、サッカー部全道大会出場

平成23年2月

全国スケート大会男子1500m7位

平成23年7月

卓球部(男女)全道大会個人各1名出場

平成24年2月

全国スケート大会男子1500m3位、3000m7位、女子3000m2名決勝進出

平成28年5月

道徳教育の充実をテーマとした「全体研修」及び大学教授等を講師として招聘した「選択研修」の実施開始

昔の校舎昔の校舎3昔の校舎2