啓発・イベント

十勝川温泉旅館組合防災総合訓練を実施しました

 平成29年4月12日(水曜日)ホテル大平原で十勝川温泉旅館組合、ホテル大平原、とかち広域消防局、音更消防署、帯広消防署、幕別消防署および音更町消防団から計80人が参加し、宿泊客の生命を火災から保護することを目的とした防災総合訓練が行われました。

 

平成29年音更消防出初式が行われました

 平成29年1月7日土曜日、音更消防出初式が防災庁舎で行われ、来賓多数の下、消防団員・職員約170人が参加しました。はじめに有賀消防団長から町長へ出場人員の報告がされ、分列行進を行いました。次に多目的ホールで行われた式典では、優良消防団員に対する各種表彰の伝達が行われ、終わりに団長が「近年、予測不能な自然災害が脅威となっている中、災害から地域を守るために消防団員が一丸となって、防火防災活動に取り組みたい」と決意表明を行いました。

dezome 

平成28年度「音更町消防団総合演習」が行われました。

開催日時:平成28年6月19日(日曜日)13時30分

 かけがえのない大切な人、町を守るという思いのもと入団した有賀団長以下134名の消防団員が出場し、ご来賓や町民の皆さん、そして消防団員の家族が見守る中、日頃の訓練の成果を披露しました。消防団員はそれぞれが自分の仕事を持ちながら、地域の安全・安心を守るという郷土愛護の精神に基づき、日々活動しています。

 

平成28年度「おいでよ防火広場」

開催日時:平成28年4月24日(日曜日)10時30分

 春の火災予防運動期間(4月20日から30日まで)に合わせて、音更町消防団すずらん分団が主催し、音更女性防火クラブの協力の下「おいでよ防火広場」が開催されました。穏やかな春の日差しを浴びて、消防戦隊けすんじゃーショーや防火紙芝居をはじめミニ消防車や救急車などの乗車体験、さらに消火器の取り扱いや煙体験などが行われ、多くの家族連れでにぎわいました。また、北海道設備協会帯広支部による消火器の有料回収が行われたほか、熊本地震の被災者への災害義援金の募金活動が展開されました。

oideyo1oideyo2oideyo4

音更町消防団辞令交付式が行われました

 平成28年4月1日(金曜日)、音更町消防団辞令交付式がとかち広域消防事務組合音更消防署で行われました。とかち消防広域化に伴い、消防団は北十勝消防事務組合から音更町に位置付けられ、「音更消防団」から「音更町消防団」に名称が変わりましたが、町民の皆さんの安全、安心に対する消防署との連携は今までと変わりません。

jireikoufu1jireikoufu2jireikoufu3

音更消防署展示品

腕用ポンプ

腕用ポンプ

昭和30年代、音更消防組にて当時使用していた消防ポンプで、平成25年4月に復元しました。

ミニ消防車

ミニ消防車

平成元年2月に町民より寄贈を受けた軽自動車(ワゴンタイプ)を平成元年9月31日に完成。

消太郎号と命名し、現在も現役で子どもたちに親しまれています。

施設見学は、随時、受け付けています。

お問い合わせ先
とかち広域消防事務組合音更消防署総務課
〒080-0302 北海道河東郡音更町木野西通16丁目1番地
電話:0155-30-3322
ファクス:0155-30-3324