とかち広域消防事務組合 音更消防署

とかち広域消防事務組合

とかち19市町村の消防広域化に伴い、平成28年4月1日から「北十勝消防事務組合」は「とかち広域消防事務組合」に統合されました。
とかち広域消防事務組合の管轄面積は1万832平方キロメートルと国内最大で、人員、車両などでも北海道では札幌市消防局に次ぐ規模になり、約34万5千人の住民を災害や事故から守る使命を担っています。  
従来からの変更点として、今後は十勝管内全ての119番通報を、帯広市内に配置する「指令センター」で一括して受け付けます。また、出動体制を変更し、市町村の境界に関係なく、最も近い消防署から現場に出動することになります。                                                                            各市町村の消防体制や消防署と消防団の連携はこれまでと変わりません。                                                                今後は新たな組織体制で、住民の安全確保のため、災害に対する合同訓練や火災予防、応急手当普及啓発などの事務を進めていきます。                        

※平成27年3月31日以前は、北十勝消防事務組合として消防事務を行っていました。北十勝消防事務組合は、昭和44年に発足し、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町で構成していました。47年の歴史に幕を下ろす本組合は、平成28年4月1日からとかち広域消防事務組合に統合再編し、大規模災害に対応していきます。

 

 

  

 

                                                            庁舎

 

音更消防署の仕事

私たちは、音更町民の安全と安心をサポートします。

火事・急病・事故などによる緊急事態に、私たちは24時間いつでも駆け付けます。

私たちは、日頃の訓練・経験や装備を生かし、全力を尽くします。

でも、私たちの本当の願いは、町民の皆さんができるだけ火事や事故に遭わないことです。

                                                         訓練

 

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Readerのダウンロード

問合せ先

とかち広域消防事務組合音更消防署警防課
〒080-0302 北海道河東郡音更町木野西通16丁目1番地
電話:0155-30-3322
ファックス:0155-30-3324


ページの先頭に戻る