第5期音更町総合計画

計画策定の趣旨

低迷が続く社会経済や少子高齢化など、本町を取り巻く状況が変化していくなか、町民が将来にわたって住み続けたいと思う、魅力あるまちにしていくためには、町民と町が共通した方向や目標に向かって行動し、協働を基本としたまちづくりを進めていかなければなりません。

この「第5期音更町総合計画」は、総合計画審議会をはじめ多くの町民の参加により、これまでの取り組みを振り返り、課題を確認し合い、これから10年間の音更町がめざすべき方向性や取り組む内容を考え、策定したものです。

音更町総合計画策定方針

第5期総合計画の基本的な事項を定めています。
策定方針の内容は町の広報誌やホームページで町民の皆さんから意見を募集し、平成21年8月25日に決定しました。

音更町総合計画策定方針(295KB)

音更町総合計画審議会

条例に基づいて設置する附属機関で、町長の諮問に応じ、総合計画に関する事項について審議し、意見を答申します。
審議会は町内の公共的団体などの代表者、その他学識経験者、公募による町民で組織します。

審議会の結果(当サイトの別ページにリンクします)

委員名簿(194KB)

計画の位置づけと役割

音更町の最上位計画です

まちの将来像を掲げ、まちづくりの全分野にわたって、音更町がめざすべき方向性や取り組む内容を明らかにしています。
音更町のすべての計画のなかで、最も上位にある計画です。

音更町の「まちづくりの意思」を示す計画です

音更町のまちづくりを進める際に、国や北海道など町外の関係機関と連携、調整が必要な場合、音更町がどのようなまちづくりをめざし、進めていこうとしているのか、まちづくりの意思を町外に示す役割を持っています。

町民と町の協働で進める計画です

計画の内容については、町が主体的に進めるもののほか、民間団体や町民が主体的に進めることを前提としたものも含まれています。
また、町民と町がともに考え、ともにまちづくりを進められる計画とするため、めざす方向や取り組む内容がイメージしやすくなるよう、わかりやすい構成や記述に心がけました。

計画の構成と期間

基本構想

音更町がめざす将来像やまちづくりの方向、目標とする指標などを示しています。
計画期間は平成23年度から平成32年度までの10年間とします。

基本計画

基本構想を実現するために各分野で取り組む内容(施策)を、体系に沿って示しています。
計画期間は、基本構想と同じ平成23年度から平成32年度までの10年間としますが、社会経済情勢や財政状況の変化に対応できるよう、後期5年間については、平成27年度に計画内容の必要な見直しをすることとします。

実施計画

基本計画で示した施策を具体的に進める「事業」を示すものとして、別に策定します。
計画期間を3年間とし、毎年度見直しながら進めていくこととします。

第5期音更町総合計画のダウンロード

一括ダウンロード

分割ダウンロード

表紙、ごあいさつ、目次

基本構想

基本計画

地域別まちづくり方針

計画の推進

資料編、裏表紙

閲覧場所

  1. 音更町役場庁舎2階企画課企画調整係
  2. 音更町図書館(音更町木野西通15丁目7)
  3. 音更町図書館分館(音更町大通6丁目6プロスパ62階)

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場企画財政部企画課企画調整係
電話:0155-42-2111(内線212)
ファクス:0155-42-2117