町の財務書類

地方自治体の財務状況をあらわすための新たな制度(新地方公会計制度)にもとづく貸借対照表などの財務書類を作成し、公表しています。

新地方公会計制度とは

現行の現金主義・単式簿記による会計制度を残しつつ、発生主義・複式簿記の考え方を取り入れ、貸借対照表、純資産変動計算書、行政コスト計算書、資金収支計算書の4種の財務書類を作成するものです。作成方法については、「基準モデル」と「総務省方式改訂モデル」の2つが示されており、本町は総務省方式改訂モデルを採用しています。
また、一部事務組合などの関連団体までを含めた財務書類を作成することとされています。

財務書類とは

財務書類は、次の4つの表で構成されています。

貸借対照表

町が所有している資産と、その資産を形成するために要した負債や財源との関係を明らかにしたものです。

純資産変動計算書

貸借対照表の資産と負債の差額である純資産が、1年間でどのように増減したのかを明らかにしたものです。総額としての純資産の増減と、それがどのような財源や要因によるものかを示しています。

行政コスト計算書

町の行政活動は、資産の形成だけでなく、人的サービスや給付サービスなど資産形成につながらない行政サービスが大きな比重を占めていますが、これらの経費は貸借対照表には表れてきません。行政コスト計算書は、これらの経費を把握しようとするものです。

資金収支計算書(キャッシュフロー計算書)

1年間の資金(現金)の収支を、経常的収支の部、公共資産整備収支の部、投資・財務的収支の部の3つに区分して計上した計算書です。町がどのような活動に資金を必要としているのかを示しています。

対象としている会計・団体

財務書類の作成対象としている会計・団体は次のとおりです。

町の会計

一般会計、国民健康保険事業勘定特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計、個別排水処理事業特別会計、簡易水道事業特別会計、水道事業会計、下水道事業会計

町以外の団体

北十勝消防事務組合、十勝中部広域水道企業団、音更町土地開発公社

含めていない団体

十勝環境複合事務組合、十勝圏複合事務組合、北海道市町村総合事務組合、北海道市町村備荒資金組合、北海道町村議会議員公務災害補償等組合、北海道後期高齢者医療広域連合は、含めるべき団体ですが、作成時点で各団体の財務書類がそろっていないことから、今回の財務書類には含めていません。
なお、北海道市町村職員退職手当組合については、一般会計で退職手当組合積立金などを計上していることから、実質的に含めているものとみなされています。

平成27年度決算版

平成26年度決算版

平成25年度決算版

平成24年度決算版

平成23年度決算版

平成22年度決算版

平成21年度決算版

平成20年度決算版

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場企画財政部財政課財政係
電話:0155-42-2111(内線:222)
ファクス:0155-42-2117