音更町財政運営計画

 社会経済情勢の急激な変化や今後における国の地方財政対策などの動向が不透明な状況の中にあって、歳入の的確な予想を立てることは極めて困難な状況にあります。
音更町財政運営計画は、こうした状況下にあっても健全財政を堅持し、第5期音更町総合計画の実現に向け、財政の根幹である町税や地方交付税を始めとする歳入の予測および各種事業と連携した歳出の見通しを中期的な視点から示し、収支不均衡の是正と計画的な財政運営を推進するための指針として策定するものです。

基本目標

  • 財政収支の均衡
  • 持続可能な財政体質の確立

を基本目標として、その実現に向けた取組みを総合的に進めていきます。

計画期間

計画期間は、平成28年度から平成32年度までの5年間です。
なお、計画の実効性を高めるため、適時見直しを行います。

財政収支の試算

総合計画の実施計画や、主要な事業の概要調査に基づいて今後5年間の収支の試算を行い、財政の見通しを明らかにします。

財政収支(一般財源)の見通し

財政健全化(収支改善)の取組

 今後5年間で8億2千万円の収支不足が見込まれますが、収支改善目標額は、前年度からの繰越金を差し引いた4億2千万円とし、具体的には、次の項目について見直し、もしくは検討します。

1.人件費(持家手当の廃止)
2.経常的経費の見直し
3.投資的経費の抑制と平準化
4.公共施設等の計画的な保全(公共施設等総合管理計画の策定)
5.特別会計・企業会計への繰出金などの抑制
6.公債費と町債残高の抑制(償還方法の見直し)
7.自主財源の確保
8.遊休資産の有効活用
9.受益者負担の原則に基づく使用料・手数料の適正化の検討

収支改善方針に基づく財政収支(一般財源)の見通し

収支改善方針に基づく財政収支(一般財源)の見通し【平成29年8月時点】(29.6KB)

(注)一般財源とは

  • 歳出:事業に必要な経費から、国庫支出金や町債などの特定財源を差し引いて不足する財源のこと
  • 歳入:町税、地方交付税など使途が特定されず、どのような経費にも使用することができる収入のこと

音更町財政運営計画[H28-32(概要版)](217KB)
音更町財政運営計画[H28-32(詳細版)](811KB)
音更町中期財政運営計画[H23-27(概要版)](9KB)
音更町中期財政運営計画[H23-27(詳細版)](342KB)
PDFファイルの中の各数値は、計画策定時のものです。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタ ンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場企画財政部財政課財政係
電話:0155-42-2111(内線:222)
ファクス:0155-42-2117