ここから本文

避難所・ハザードマップ・AEDマップ

音更町洪水ハザードマップ

  • この洪水ハザードマップ(洪水時の堤防の決壊などによる浸水の情報と避難の方法に係る情報地図)は、音更川と十勝川に1,000年に1回程度起こる大雨(想定最大規模)により氾濫した場合の浸水深を示したもので、音更川流域に72時間総雨量354mm、十勝川流域に72時間総雨量279mm(豊頃町茂岩)に達し、河川が増水して堤防が決壊した場合の浸水範囲とその深さを示しています。このマップに示された浸水範囲および浸水の深さは、堤防が決壊する場所によって変わりますので、浸水範囲全てが同時に浸水することはありません。
  • 浸水予想にあたっては、想定を超える降雨および内水による氾濫などを考慮していませんので、この浸水範囲以外でも浸水が発生する場合や、想定する浸水の深さが実際の浸水の深さと異なる場合があることに注意してください。また、掲載の河川以外にも氾濫する可能性もあるため、このハザードマップに表示のない場所でも浸水が発生する可能性があります。
  • 地震や火災など、洪水以外の災害にあったときの避難所についても一覧表にしています。日ごろから災害時の対処法を家族でしっかり話し合い、いざというときに備えてください。         ※浸水範囲や浸水の深さについては、国土交通省北海道開発局帯広開発建設部のデータを使用しています。このマップ以外の河川に関する洪水浸水想定区域などは、ハザードマップポータルサイトを参考にしてください。

音更町洪水ハザードマップ(令和4年3月)表面(2.76 MB)
音更町洪水ハザードマップ(令和4年3月)裏面(1.85 MB)

全国のハザードマップについてはこちらから確認してください。

ハザードマップポータルサイト(外部サイトへリンクします)
 

お問い合わせ

総務部危機対策課危機対策係
080-0198  北海道河東郡音更町元町2番地
電話:0155-42-2111 内線246
ファクス:0155-42-2766

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで