ここから本文

福祉

令和6年度価格高騰対策給付金(調整給付金)

調整給付金の制度概要

令和6年分の所得税・令和6年度分の個人住民税について、納税義務者および配偶者を含めた扶養親族(税法上のものをいいます。以下同じ。)1人につき、所得税から3万円、個人住民税所得割から1万円の定額減税が行われます。定額減税の対象者のうち、定額減税可能額が税額を上回る(減税しきれない)と見込まれる人に対し、その差額を定額減税補足給付金(調整給付金)として給付します。令和6年分の所得税および令和6年度分の個人住民税において定額減税が実施されます。その中で、定額減税しきれないと見込まれる人について調整給付を支給します。
定額減税についてはこちら(別ページにリンクします)
なお、町民の皆さんにいち早く給付をお届けする観点から、令和5年の所得・控除の状況に基づき、給付額が算定されます。令和6年分の所得税額が確定した後、当初の給付額に不足があることが判明した場合は、追加で令和7年度に給付する予定です。給付額に余剰が生じた場合は、給付金の返還は行いません。

支給対象者

令和6年度個人住民税が課税されている人のうち、令和6年6月3日時点における納税義務者および配偶者を含めた扶養親族に基づき算定される定額減税可能額が、令和6年分推計所得税額(令和5年分所得税額)または令和6年度分個人住民税所得割額を上回る人が対象(注1)となります。
(注1)所得税0円かつ個人住民税所得割額0円の人、または納税義務者本人の合計所得金額が1,805万円を超える人は対象外となります。
対象者には、令和6年7月下旬以降に給付内容や確認事項が書かれた確認書が届きます。内容を確認して返信してください。

定額減税可能額

所得税分=3万円×減税対象人数
個人住民税所得割分=1万円×減税対象人数
【減税対象人数】
「納税義務者本人+控除対象配偶者(注2・注3)+扶養親族(16歳未満扶養親族含む)(注2)」
(注2)控除対象配偶者、扶養親族は国外居住者を除く。
(注3)控除対象配偶者を除く同一生計配偶者(国外居住者を除く)については、令和6年度個人住民税所得割の定額減税の算定に用いられないことなどを踏まえ、調整給付の算定時には考慮しない。

給付額

(1)と(2)の合計額(合計額を万円単位に切り上げる)
 (1)所得税分定額減税可能額-令和6年分推計所得税額(令和5年分所得税額)
 (2)個人住民税所得割分定額減税可能額-令和6年度分個人住民税所得割額

図が見れない場合はこちら(26.59 KB)

手続き方法

令和6年7月下旬から調整給付金の対象と見込まれる人へ、確認書等の発送を開始する予定です。

オンライン申請

対象者

マイナンバーの公金受取口座を登録された人。
なお、新たに公金受取口座を登録(変更)された人は、登録日の翌日からオンライン申請ができます。

申請方法

確認書同封書類に記載している二次元コードから申請してください。

申請期限

10月11日(金曜日)まで

公金受取口座の事前登録をお勧めします。

公金受取口座をあらかじめ登録しておくと、スムーズにオンライン申請ができます。
公金受取口座の登録制度については、公金受取口座登録制度(デジタル庁)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

紙申請

対象者

給付金の対象となる人全員

申請方法

確認書などの必要事項を記入のうえ、添付書類を添えて返信用封筒で返送してください。

申請期限

10月11日(金曜日)まで

詐欺などにご注意ください

給付金を装った「特殊詐欺」や「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の搾取にご注意ください。

お問い合わせ

定額減税や調整給付金額の計算に関すること

総務部税務課住民税係
080-0198  北海道河東郡音更町元町2番地
電話:0155-42-2111 内線572
ファクス:0155-66-5086

調整給付金の支払いに関すること

保健福祉部福祉課福祉係
080-0198  北海道河東郡音更町元町2番地
電話:0155-42-2111 内線522
ファクス:0155-42-5160

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで