ここから本文

母子保健

妊娠がわかったら

母子健康手帳の交付

母子健康手帳は、妊娠中の経過や出産の状況、お子さんの成長や予防接種状況を記録する大切な手帳です。
母子健康手帳交付時には、安心して妊娠期を過ごせるよう、妊娠中の身体の変化や体調、食事について保健師や栄養士に相談ができます。
産婦人科での妊娠の確定診断を受けたら、できるだけ早く妊娠の届け出をして、母子健康手帳の交付を受けましょう。

妊婦一般健康診査(14枚)、超音波検査(6枚)、新生児聴覚検査(1枚)の受診票の交付

妊婦健診料金の一部と新生児聴覚検査料金を補助するものです。母子健康手帳と同時に発行しています。
(注1)住民票を他市町村に異動した場合は使用できませんので、転出予定の人は母子健康手帳発行時にお知らせください。
(注2)道外で妊婦健診を受けた場合は使用できません。その場合、妊婦健診料金は自己負担となりますが、後日、保健センター内保健課への申請で、町の助成基準額を上限に助成いたします。詳しくは下記の「道外で妊婦健診を受けた場合の費用助成」をご覧ください。
(注3)町外から転入した場合、妊婦一般健康診査受診票と超音波検査受診票の差し替えが必要です(新生児聴覚検査受診票については、前居地で受診票を交付されている場合のみ差し替えます)。転入手続きを済ませたら、事前にご連絡の上、保健センター内保健課で手続きをお願いします。詳しくは音更町に転入された妊婦さんへ(397.92 KB)をご確認ください。

交付場所

保健センター

交付日時

月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)の午前8時45分から午後5時30分(第2・4火曜日は午後7時まで)
(注1)完全予約制となります。前日までに電話などでご予約の上、時間に余裕を持ってお越し下さい。

交付に必要なもの

印鑑と以下のものをご用意ください。

妊婦本人が届け出する場合

下記のいずれかの書類が必要です。
  1. マイナンバーカード(個人番号カード)
  2. 通知カード(デジタル手続法の施行日(令和元年5月25日)の時点で交付されている通知カードは、氏名、住所等の記載事項に変更がない場合、又は正しく変更手続きがとられている場合に限り、利用可能)
  3. 個人番号の記載された住民票の写しまたは住民票記載事項証書
妊婦の本人確認書類
上記のマイナンバーカード(個人番号カード)以外を提出された人については、次のいずれかの本人確認書類が必要です。
  1. 顔写真付きの公的な証明書(運転免許証、パスポートなど、顔写真・氏名・生年月日または住所が記載されているもの)…1点
  2. 顔写真なしの証明書(健康保険証、年金手帳、社員証(会社印・顔写真あり)など)…2点

代理人が届け出する場合

下記のいずれかの書類が必要です。 
  1. マイナンバーカード(個人番号カード)
  2. 通知カード(デジタル手続法の施行日(令和元年5月25日)の時点で交付されている通知カードは、氏名、住所等の記載事項に変更がない場合、又は正しく変更手続きがとられている場合に限り、利用可能)
  3. 個人番号の記載された住民票の写しまたは住民票記載事項証書
代理人の本人確認書類(下記のいずれか)
  1. 顔写真付きの公的な証明書(マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証、パスポート等)…1点
  2. 顔写真なしの証明書(健康保険証、住民票、社員証など)…2点

(注1)母子健康手帳は代理人にも交付しますが、前回の妊娠、出産の経過、出産予定日、妊婦の妊娠前の身長、体重などを確認してきてください。

道外で妊婦健診を受けた場合の費用助成

音更町の妊婦健診受診票と超音波検査受診票は、北海道内の医療機関または助産所でのみ使えます。
里帰り出産などのため、北海道以外の医療機関または助産所で妊婦健診を受けた場合は、健診料金と超音波検査料金を自己負担してもらい、後日、町に申請することで、助成基準額を上限に助成します。

申請方法

出産後3カ月以内に申請してください。申請は、お手数ですが、事前に電話連絡のうえ、保健センターまでお越しください。
なお、出産後3カ月以内に申請できない事情がある場合はご相談ください。
申請後、交付が決定したら、決定通知書を送付のうえ、指定された口座へ助成額を振り込みます。

申請に必要な書類

1.音更町指定医療機関以外の医療機関等で受診した妊婦健診費助成金交付申請書(50.80 KB)
2.音更町指定医療機関以外の医療機関等で受診した妊婦健診費助成金交付申請書内訳書(103.72 KB)
3.次の書類のどちらか
(1)音更町指定医療機関以外の医療機関等で受診した妊婦健診費助成金支払証明書(116.48 KB)(これは、医療機関等で記入してもらう書類です。この書類を作成するにあたり医療機関所定の「文書手数料」が発生する場合は自己負担となります)
(2)自己負担した妊婦健診費及び超音波検査料金が確認できる領収書の写し
4.口座振込依頼書(39.33 KB)
5.未使用の「妊婦健康診査受診票」及び「超音波受診票」
6.母子健康手帳の写し(「出生届済証明」と「妊娠中の経過(申請する妊婦健診日)」のページ)
(注1)申請書等は保健センターにもありますので、来所時に記入することもできます。なお、申請書などの詳しい書類の書き方は、妊婦健診費用助成のご案内(99.54 KB)をご覧ください。

その他(新生児聴覚検査費用の助成の手続き)

里帰り出産などにより北海道外の医療機関で受けた新生児聴覚検査費用について、助成を行っています。妊婦健診費用の助成と同様の手続きが必要なため、新生児聴覚検査を受けた場合は、妊婦健診等助成の申請と合わせてこちらの手続きも行ってください。詳しくは、新生児聴覚検査費用の助成をご覧ください。

音更町妊婦健康診査受診費用助成金について

妊婦一般健康診査受診票以外にも妊婦健診料の一部を助成します。妊婦健診時の領収証が必要ですので、出産後まで大切に保管してください。

対象者

音更町に住民登録をしている妊婦で、母子健康手帳の交付を受けている人

対象となる妊婦健診

令和3年4月1日以降に受診した妊婦健診

助成金額等

妊婦健診として受診した費用のうち、医療保険適用外の自費負担分が対象です。助成回数は1回の妊娠および出産で15回を上限とします(多胎妊娠はこの限りではありません)。
(注)母子健康手帳の「妊娠中の経過」のページに記載がある日の領収証が対象です。
(注)医療保険の自己負担分、書籍代、母親学級受講料などは対象になりません。

申請時期

出産した日から出産6カ月以内に手続してください。
申請期限までに手続きができない事情がある場合は、保健課母子保健係へご相談ください。

申請に必要なもの

1 音更町妊婦健康診査受診費用助成金交付申請書(63.86 KB)
2 口座振込依頼書(38.32 KB)
3 妊婦健診の領収証の写し(自費負担額が確認できるもの)
4 母子健康手帳の写し(「妊娠中の経過」のページの写し)

申請場所

音更町保健センター
 月曜日から金曜日(祝日、年末年始除く)の午前8時45分から午後5時30分
(注1)提出は郵送でも受け付けます。
(注2)申請書などは保健センターにもありますので、来所時に記入することもできます。

来所して申請手続きを行う場合は、次のものをご持参ください。

  • 印鑑
  • 申請者の振込口座情報のわかるもの(通帳など)
  • 母子健康手帳
  • 妊婦健診の自費負担額が確認できる領収証の写し
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健課母子保健係
080-0104  北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712 内線916
ファクス:0155-42-2713

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで